慣用句
韓国語の慣用句関連の韓国語単語一覧です。
韓国語 日本語
솜방망이 처벌 軽い処罰
솜씨가 늘다 腕が上がる
쇠고랑을 차다 手錠をはめられる、警察にとっ捕まる
수 없이 많다 数え切れないほど多い
수고를 아끼지 않다 苦労をいとわない
수다(를) 떨다 おしゃべりをする、無駄口をたたく、余計に口数が多い
수단과 방법을 가리지 않다 手段を選ばない、どんな手を使ってもやる
수렁에 빠지다 泥沼にはまる
수모를 당하다 生恥をさらす、侮辱を受ける
수선을 떨다 騒ぎたてる
수선을 부리다 騒ぎたてる
수선을 피우다 騒ぎ立てる
수세에 몰리다 受け太刀になる、守勢に立たされる
수수께끼에 싸이다 謎に包まれる
수식어가 필요 없다 説明が要らない
수작을 부리다 企む、見せかけをする
수줍음을 타다 はにかむ、恥ずかしがる
수중에 들어오다 手中に入る、手に入れる
수포로 돌아가다 水泡に帰す、無駄に終わる
순서를 밟다 順序を踏む、手順を踏む
순풍에 돛을 달다 得手に帆を上げる、ここぞとばかりにはりきる、物事が順調に行く
숟가락만 얹히다 いい結果だけ取る、便乗する
술 먹으면 개가 된다 酒癖が悪い
술독에 빠지다 酒に溺れる、大酒を飲む
술버릇이 나쁘다 酒癖が悪い
술을 입에 대다 酒を口にする
술이 고프다 お酒ガ飲みたい
술이 떡이 되다 ぐでんぐでんになる、深酔いする
술이 사람을 먹다 酒に飲まれる
술이 세다 酒が強い、酒に強い
술잔을 나누다 酒を酌み交わす、酒を飲む
숨(을) 돌리다 一息つく、息をつく、息を整える
숨(을) 죽이다 かたずを飲む、息をのむ、息を殺す
숨(이) 가쁘다 息切れする、息苦しい、息が切れる
숨(이) 막히다 息が詰まる、息苦しい、苦しむ
숨을 거두다 息を引き取る、亡くなる
숨을 고르다 平常心を持って次を狙う、安定した呼吸をする
숨이 끊어지다 息が絶える、死ぬ
숨이 넘어가다 見ていて歯がゆい、もどかしい、息が絶える
숨이 죽다 生気がなくなる、停止する、衰える
숨이 지다 息が絶える、死ぬ、亡くなる
숨통을 끊다 息の根を止める
숨통을 끊다 止めを刺す
숫기가 없다 人懐っこくない、恥ずかしがり屋である
쉬운 여자 軽い女
쉴 새 없다 休む暇ない、引っ切り無しだ、とても忙しい
쉴드 치다 盾で保護する
쉽게 보다 軽く見る、軽視する、侮る
슬럼프에 빠지다 スランプに陥る
슬픔에 잠기다 悲しみに沈む、悲しみに包まれる
습관을 기르다 習慣をつける
습관을 붙이다 習慣をつける
습관이 들다 習慣になる
승기를 놓치다 勝機を逃す
승부수를 던지다 勝負をかける、勝負手に打って出る、大勝負に打って出る
시간 가는 줄 모르다 時が経つのを忘れる
시간(을) 내다 時間を空けておく、時間を作る、時間を出す
시간(을) 들이다 時間をかける
시간에 쫓기다 時間に追われる
시간을 끌다 時間を稼ぐ
시간을 놓치다 タイミングを逃す
시간을 때우다 時間をつぶす
시간을 벌다 時間を稼ぐ
시간을 비워 두다 時間を空けておく
시간을 빼앗다 時間を取る
시간을 잡아먹다 時間を食う
시간이 가다 時間がたつ、時間が過ぎる
시간이 다 됐다 時間になった、時間がきた
시간이 없다 時間がない、暇がない
시도 때도 없다 いつも、四六時中、ずっと
시도 때도 없이 ところかまわず、しつこく、いつも
시름을 덜다 肩の荷を降ろす
시름이 깊어지다 憂いが深まる
시비가 붙다 言い争いになる、口論になる
시비를 가리다 是非を弁ずる、是非を正す、是非を断ずる
시비를 걸다 けんかを売る、けちを付ける、因縁をつける
시선을 두다 視線を置く
시선을 빼앗기다 視線を奪われる
시선을 피하다 人目を避ける
시선이 곱지 않다 視線が冷たい、視線が優しくない
시의 적절하다 時宜にかなっている
시치미(를) 떼다 しらをきる、知らん顔をする、しらばくれる
시침을 떼다 猫をかぶる、しらを切る、しらばくれる
시키는 대로 하다 指示通りする、言うことを聞く
시키지 않아도 言われなくても
시험대에 오르다 試される
식성이 까다롭다 食性が気難しい
식은 죽 먹기 朝飯前、非常にたやすいこと、楽勝だ
식은땀이 나다 冷や汗をかく
식을 올리다 式を挙げる
신경 쓰지 마세요 気にしないでください、気を遣わないでください
신경(을) 쓰다 気を使う、気を遣う、気を配る
신경(이) 쓰이다 気になる、気にかかる
신경에 거슬리다 気に障る、神経に障る
신경을 건드리다 怒らせる、神経にふれる
신경을 끄다 無視する、気にしない、関心を示さない
신경이 곤두서다 非常に敏感になる、気が立つ
신경이 날카롭다 ぴりぴりしている
신경이 예민하다 神経質になる、神経が敏感だ
신경질(을) 내다 ヒステリーを起こす、神経を高ぶらせる
신기원을 열다 新しい時代を開く
신물(이) 나다 嫌気がさす、こりごりだ、うんざりする
신바람이 나다 調子が出る、意気揚々とした気分になる、上機嫌になる
신비를 풀다 神秘を解く
신상에 해롭다 身によくない、有害になる
신세(를) 망치다 身を持ち崩す
신세를 면하다 ~の身分から免れる
신세를 지다 お世話になる
신세를 한탄하다 身の上を嘆じる
신의 한 수 素晴らしい戦略や行動
신의를 저버리다 信義を裏切る、約束を破る
신주 모시듯이 腫れ物に触るよう、位牌を奉るように
신중을 기하다 慎重を期す
실랑이를 벌이다 いざこざを起こす、騒ぎを起こす、すったもんだする
실력을 기르다 実力を付ける
실색을 하다 顔色を失う
실속을 차리다 実益を取る、実利を取る、実利を図る
실속을 챙기다 実益を取る、実利を取る、実利を図る
실속이 없다 実益がない、利益にならない、中身はない
실속이 있다 中身がある、実利がある、有益だ
실없는 소리를 하다 ふざけたことを言う、うわごとを口走る
실오라기 하나 걸치지 않다 一糸もまとわない、裸だ
싫증을 내다 嫌気を起こす、飽きる
심금을 울리다 感動させる、心の琴線に触れる
심기를 건드리다 気持ちを刺激する
심상치 않다 尋常ではない、普通じゃない
심술(이) 나다 意地悪い心が働く
심심치 않게 たびたび、めずらしくない
심장이 강하다 度胸がある
심장이 약하다 度胸がない、心臓が弱い
심혈을 기울이다 精魂を注ぐ、心血を注ぐ
싱거운 소리(를) 하다 つまらないことを言う
싸가지(가) 없다 礼儀がない、マナーをわきまえない、見込みがない
싸가지가 바가지다 礼儀が無い
싸게 먹히다 安くすむ、安上がりだ
싸대기를 때리다 びんたを食わす、頬を叩く、びんたをする
싸우면 정든다 喧嘩すれば情がうつる、雨降って地固まる
싸움을 걸다 喧嘩を売る
싹수가 노랗다 将来性がない、見込がない
싹이 노랗다 将来の見込みがない
싼티(가) 나다 安っぽい
쌍벽을 이루다 双璧をなす、比肩する
쌔고 쌨다 ざらにある、いっぱいある
쌩떼(를) 쓰다 我を張る、無理押しをする
썩어도 준치 腐っても鯛
쐐기를 박다 決める、くさびを打ち込む
쑥대밭으로 만들다 めちゃめちゃにする、めちゃめちゃに壊す
쑥대밭이 되다 廃墟となる、めちゃめちゃになる
쓴맛을 보다 苦しさを味わう
쓸개가 빠지다 腑が抜ける、意気地がなくなる、分別がなくなる
쓸고 닦다 掃除をする
쓸데없는 소리 くだらない話、余計な話
씨(를) 뿌리다 原因を作る、種をまく
씨가 마르다 ほとんどなくなる、絶滅する、一つ残らずなくなる
씨를 말리다 種を絶やす、絶滅させる
씨알도 안 먹히다 通じない、全然相手にしてくれない
씻은 듯이 洗ったように、きれいに、すっかり
아끼지 않다 惜しまない、いとわない
아는 게 힘이다 智は力なり、知識は力なり
아는 사람은 알다 知る人ぞ知る、知っている人こそは知っている、知るべき立場の人なら知っている
아니나 다를까 案の定、予想通り、思ったとおり
아니라 다를까 案の定、予想していたとおりに、やはり
아니면 말고 でなければいい、それならもういい
아닌 게 아니라 まさしく、やっぱり、他でもなく
아닌 밤중에 홍두깨 寝耳に水、藪から棒、真夜中にきぬた棒
아닐 수 없다 そう言わざるをえない
아랑곳 안 하다 知ったことではない、物ともしない
아랑곳하지 않고 ものともせず、気にせず、構わず
아무것도 아니다 なんでもない、大したことない、何事も~ない
아무렇지(도) 않다 平気だ、大丈夫、何の異常もない
아무렇지도 않게 여기다 物ともしない
아쉬운 소리를 하다 泣き言を言う、愚痴をこぼす
아쉬움을 간직한 채 名残は尽きませんが
아쉬움을 뒤로하고 名残は尽きませんが
아양(을) 떨다 愛嬌を振りまく、媚を売る
아웅다웅 하며 지내다 いがみ合いながら過ごす
아이를 가지다 妊娠する、子供が出来た
아직 멀었다 まだまだだ、ほど遠い
아치를 그리다 アーチを描く、ホームランを打つ
악어의 눈물 偽善者の涙、ワニの涙、偽善の涙
안 그래도 ちょうど、まさに、それでなくても
안 그러면 そうでないと、そうしないと
안간힘을 쓰다 必死の努力をする、力をふりしぼる、歯を食いしばる
안건을 부치다 案件を申し立てる
안달이 나다 じれったい、すごくやりたがる
안면(이) 있다 顔見知りだ、面識がある、会ったことがある
안면이 없다 面識がない、会ったことがない
안목이 높아지다 目が肥える
안방 드나들 듯하다 頻繁に出入りする
안봐도 비디오 見るまでもない
안색을 살피다 顔色をうかがう
안색이 굳어지다 表情がこわばる、表情が硬くなる
안중에 없다 眼中にない、眼中に置かない、気に掛けない
안중에 없다 眼中にない
안중에도 없다 眼中にもない
앉아서 기다리다 何もしない、座って待つ
앉으나 서나 いつも、いつでも、常に
앉은 자리에서 その場で
알 만한 사람은 안다 知る人ぞ知る
알게 모르게 知らず知らず、いつの間にか、知らず知らずのうちに
[<] 11 12 13 14 15 16 17  (11/17)
当サイトに関して
Copyright(C) 2018 kpedia.jp PC版へ