ホーム  > 韓国語文法 > 文字(ハングル)
받침
パッチム、終声、下支え
パッチム(받침)とは
パッチム(받침)とは、ハングルにおいて「子音(자음)+母音(모음)+子音(자음)」などで構成される音節で最後の音(末音・終声)をあらわす子音をいう。つまり、子音と母音で構成された文字の下につく子音のことをパッチム(받침)という。
받침とは「下支え」という意味を持つ。日本語ではパッチムを表記することがないため、日本語学習者にとっては難しく感じられる。とくに「ㅇ,ㄴ,ㅁ」のパッチムの発音の区別がなかなかつかない人が多い。

◆パッチムの種類:総27個
・홀받침(一重パッチム):ㄱㄴㄷㄹㅁㅂㅅㅇㅈㅊㅋㅌㅍㅎ
・쌍받침(双パッチム):ㄲ ㅆ
・곁받침(二重パッチム):ㄳ ㄵ ㄶ ㄺ ㄻ ㄼ ㄽ ㄾ ㅀ ㅄ

◆パッチムの例
박(ㄱ)、갈(ㄹ)、엮(ㄲ)、씀(ㅁ)、있(ㅆ)、삶(ㄻ)、밝(ㄺ)、엌(ㅋ)
※(  )の中がパッチムになる。

パッチム(받침)の発音
◆パッチム(받침)の発音 (음절의 끝소리 규칙)
パッチムの発音は以下の代表音、7通りの子音(ㄱ・ㄴ・ㄷ・ㄹ・ㅁ・ㅂ・ㅇ)のみ。

①「ㄱ・ㅋ・ㄲ・ㄳ・ㄺ」は「ㄱ」に発音する。
 例:밖(박),닭(닥),부엌(부억),넋(넉),맑다(막따),읽다(일따)

②「ㄴ・ㄵ・ㄶ」は「ㄴ」に発音する。
 例:앉다(안따)

③「ㄷ・ㅅ・ㅆ・ㅈ・ㅊ・ㅌ」は「ㄷ」に発音する。
 例:숫자(숟짜),잣대(잗때),씼다(씯따),쫒다(쫃따),같다(갇따),밑바닥(믿빠닥)
 ※合成語の「사이시옷」ルールによってできた「ㅅ」は「사이시옷」ルールを参考。

④「ㄹ・ㄾ・ㄽ・ㄼ・ㅀ」は「ㄹ」に発音する。
 例:핥다(할따),외곬(외골),여덟(여덜),넓다(널따),잃다(일타)、싫다(실타)

⑤「ㅁ・ㄻ」は「ㅁ」に発音する。
 例:삶(삼),젊다(점따),닮다(담따),옮다(옴따),굶다(굼따)

⑥「ㅂ・ㅍ・ㄼ・ㄿ・ㅄ」は「ㅂ」に発音する。
 例:무릎(무릅),없다(업따),값(갑),읊다(읍따),밝다(밥따)

⑦「ㅇ」はすべて「ㅇ」に発音する。
※以上のように2文字のパッチム(겹받침)はほとんどの場合、左の方のパッチムで発音するが、右の方のパッチムで発音する場合もある。例:닭(닥),삶(삼)
読み方 받침、pat-chim、パッチム
類義語
例文
한국어는 받침이 어려운 것 같애요.
韓国語はバッチムが難しいと思います。
재능이 있어도 노력에 의해 뒷받침 되지 않으면 성공하기 어렵다.
才能があっても、努力によって後押ししなければ成功することは難しい。
이런 정황을 뒷받침한다.
このような情況を裏付ける。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
받침(キョッパッチム) 二重パッチム
받침(チェクパッチム) 下敷き
받침(コプパッチム) コースター、ソーサー
받침(ッサンバッチム) 同じ2つの子音からなるパッチム
받침(ティッパッチム) 支え、裏付け、後押し
받침하다(ティッパチムハダ) 裏付ける、後押しする
文字(ハングル)の韓国語単語
문법 단위(文法単位)
>
한글(韓国語の文字)
>
한국어 발음(韓国語 発音)
>
형태소(形態素)
>
종성(終声)
>
띄어쓰기(分かち書き)
>
모음(母音)
>
一覧
Copyright(C) 2018 kpedia.jp PC版へ