용언 : 用言
ホーム  > 韓国語文法 > 用言(動詞など)韓国語能力試験3・4級
読み方 용언、yong-ŏn、ヨンオン
漢字 用言
反意語
意味 動詞・形容詞・存在詞・指定詞を言う。
用言とは
用言とは、述語の役割ができるものを用言という。用言には、①動詞 ②形容詞 ③存在詞 ④指定詞の4種類がある。韓国語の用言は、語幹(어간)と語尾(어미)に分けることができる。
語幹とは、用言の基本形(辞書形)から最後の「다」を取ったもの。
韓国語にはこの語幹に様々な語尾を付けて(活用して)多様な意味を表す。

例:
놀다(遊ぶ) :놀(語幹) + 아요(語尾) = 놀아요(遊びます)
먹다(食べる):먹(語幹) + 어요(語尾) = 먹어요 (食べます)
4つの用言
①動詞:ものごとの動作や作用(日本語の動詞とおなじ)
 -例:오다(オダ、来る)、 먹다(モクッタ、食べる)

②形容詞:ものごとの性質や状態(日本語の形容詞や形容動詞)
 -例:비싸다(ピサダ、高い)、 많다(マンタ、多い)

③存在詞:ものごとの存在(있다 ある、いる / 없다 ない、いない)
 -例:있다(イッタ、ある、いる)、 없다(オプッタ、ない、いない)

④指定詞:ものごとを判定する(이다 ~である、 아니다 ~ではない)
 -例:이다(イダ、~である)、 아니다(アニダ、~ではない)
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
용언의 활용(ヨンオネ ファリョン) 用言の活用
용언의 부사화(ヨンオネ プサファ) 用言の副詞化
용언의 명사화(ヨンオネ ミョンサファ) ~き、~い、~すること
用言(動詞など)の韓国語単語
어간(語幹)
>
규칙적 활용(規則活用)
>
자음 어간(子音語幹)
>
어미(語尾)
>
용언의 부사화(用言の副詞化)
>
동사(動詞)
>
용언의 명사화(~き、~い)
>
一覧
Copyright(C) 2017 kpedia.jp PC版へ