ホーム  > 社会 > 新語・流行語文化と風習サブカルチャー
셀카봉
自撮り棒、セルカ棒、セルフィースティック
セルカ棒とは
셀카봉(自撮り棒、セルカ棒)とは、スマートフォン付帯のカメラを使用し、撮影者自身または撮影者とその同伴者を写し込むために使われるスティックのことをいう。棒をスマートフォンに取りつけ、棒を長く伸ばして使用する。셀카봉(セルカボン)の셀카(セルカ)は、韓製英語'self camera'の略で、撮影する本人または、その本人の周辺人物が映り込むように被写体を設定し、写真を撮ることである。

셀카(セルカ)は、主に自分の腕を伸ばして撮影するため、撮影できる角度や範囲にある程度の限界がある。それを補うために開発され、使用されているとみられる。カメラのタイマー機能を利用して撮るタイプと、無線式リモコンシャッターを用いて撮影するタイプがある。韓国では2014年の夏ごろから流行し始め、街中でも販売されており、日本でも通販サイトを通してセルカ棒(セルフィースティック)を購入ができる。

<セルカ棒 >
読み方 셀카봉、sel-ka-bong、セルカポン
新語・流行語の韓国語単語
조각같다(彫刻のようにかっこいい)
>
대박(大当たり)
>
집밥(家のご飯)
>
본방사수(本番を必ず見る)
>
연못녀(恋愛下手な女)
>
369 증후군(369症候群)
>
미존(途方もなく存在感が大きい)
>
一覧
Copyright(C) 2018 kpedia.jp PC版へ