ホーム  > 韓国語文法 > 文型(接続表現)韓国語能力試験5・6級
-(ㄴ/은/는)가 하면
~かと思えば
<意味>
相反する意味合いやさらに驚く事実:~かと思えば

<語尾のつけ方>
①動詞・存在詞の語幹+는가 하면
②形容詞・指定詞の語幹+ㄴ가 하면(パッチム無し)、+은가 하면(パッチあり)
読み方 가 하면、ka ha-myŏn、ガハミョン
例文
어떤 사람은 돈을 벌면 집을 사는가 하면 어떤 사람은 기부하기도 해요.
ある人はお金を稼ぐと家を買うかと言えば、ある人は寄付したりもします。
존경받을 만한 사람이 있는가 하면 그렇지 않은 사람도 있다.
尊敬されるに値する人がいるかと思えば、そうでない人もいる。
우리가 하면 돼요.
私たちがしたらいいです。
저는 어느 쪽인가 하면 항상 채이는 쪽입니다.
私はどちらかと言うと振られるほうです。
어떤 사람은 살이 쪄서 고민이에요. 그런가 하면 말라서 고민인 사람도 있어요.
ある人は太って悩んでいます。そうかと思えば痩せて悩んでいる人もいます。
文型(接続表現)の韓国語単語
-(으)ㄴ/는 것처럼(~のように)
>
-(ㄹ/를) 턱이 없다(~するわけ..
>
(으)로다(가)(~で)
>
-던지(~たのか)
>
-고 있다(~している)
>
-(ㄹ/을) 지라도(~でも)
>
-아 있다/ 어 있다/ 여 있다(..
>
一覧
Copyright(C) 2018 kpedia.jp PC版へ