ホーム  >  > 人物文字(ハングル)
세종대왕
世宗大王
세종대왕(世宗大王)は、ハングル(한글)の創製・制定を行ったことで知られ朝鮮の第4代国王(1397~1450、在位:1418~1450)。民を愛し、民の言葉を愛し、身分の低い者にも対等に接することを望む慈愛深い王で、韓国では子供から老人まで幅広い層に尊敬されている国民的英雄である。建国記念日である開天節(10月3日)からハングルの日(10月9日)までの約1週間は、「ハングル週間」という。ソウルの光化門広場(광화문광장)に世宗大王像がある。
読み方 세종대왕、se-jong-dae-wang、セジョンデワン
漢字 世宗大王
例文
세종대왕이 쓴 ‘훈민정음’을 읽어본 적 있다.
世宗大王が書いた『訓民正音』を読んだことがある。
세종대왕은 민중이 문자를 익히기 쉽고 사용하기 쉽도록 훈민정음을 만들었습니다.
世宗大王は民衆が文字を覚えやすく、使いやすいように訓民正音を作りました。
한국어는 세종대왕이 만들었다.
韓国語は世宗大王が作った。
한글은 한국 고유의 문자로 1443년 세종대왕에 의해 발명되었습니다.
ハングルは韓国固有の文字で、1443年に世宗(セジョン)大王により発明されました。
人物の韓国語単語
토머스 에디슨(エジソン)
>
명성황후(閔妃)
>
논개(論介)
>
허준(許浚)
>
원효(元曉)
>
로알 아문센(ロアル・アムンセン)
>
장보고(張保皐)
>
一覧
Copyright(C) 2018 kpedia.jp PC版へ