ホーム  > 韓国語文法 > 文字(ハングル)
문법 단위
文法単位、言語の単位、言葉の単位
文法単位(言葉の単位)
韓国語の文法単位(言葉の単位)は大きく8個になる。
最小単位から最も大きい単位で羅列すると以下のようになる。

​①音韻(음운):音の単位
言葉の意味を区別させる音の最小単位で、子音(자음)19固と母音(모음)21個がある。

②音節(음절):音の単位
一回で出せる音の節をいう。音節数は「文字の数」と一致する。子音と母音で構成される。

③形態素(형태소):意味の単位
意味を持つ言葉の最小単位。ある言語においてそれ以上分解したら意味を持たなくなる。

④単語(단어/낱말):意味の単位
意味を持ちながら自立的に使える言葉の最小単位。単語は品詞の単位と一致する。

⑤文節(어절)
文章を構成する基本文法単位で分かち書き(띄어쓰기)と一致する。日本語の文節に近い。

⑥句()
修飾語と被修飾語をまとめた2つ以上の語節で構成された文章成分をいう。

⑦節()
いくつかの句(구)が集まったもので、主語と敍述語を持つ。

⑧文章(문장)
言葉の中で最も大きい単位で、完成された内容を表す。主語と述語を持って独立的に使う。
読み方 문뻡 따뉘、mun-ppŏp tta-nwi、ムンポプタヌィ
漢字 文法単位
文字(ハングル)の韓国語単語
격음(激音)
>
자음(子音)
>
한글(韓国語の文字)
>
쌍받침(同じ2つの子音からなるパッチ..
>
종성(終声)
>
한글의 구성(ハングルの仕組み)
>
문법 단위(文法単位)
>
一覧
Copyright(C) 2018 kpedia.jp PC版へ