ホーム  > 暮らし > お祝いと行事祝祭日・記念日
백일잔치
生まれて100日目
ペギル(백일잔치、百日+お祝い)は、子どもが生まれて100日目に行う宴のこと。かつて乳児の死亡率が高かった時代、子どもが100日生きられたことのお祝いとして行われたもの。日本の「お食い初め」にも相当する。このとき準備するお膳のことを「ペギルサン(백일상)」という。うるち米で作ったペクソルギ(백설기)という餅を準備する。
そのときにお膳を余分に用意するのは、「三神おばあさん」という意味のサムシンハルモニ(삼신할머니)にお供え物をするという意味が込められている。サムシンハルモニとは、お母さんのおなかのなかにいる胎児の段階から、見守ってくれていたという架空の人物。子どもが生まれるときに、おしりを叩くため「蒙古斑」のあざができると言い伝えられている。
読み方 배길잔치、pae-gil-chan-chi、ペギルジャンチ
例文
집에서 조촐하게 백일 잔치를 했다.
家でこじんまりと100日のお祝いをした。
오늘 친구의 아기 백일잔치에 다녀왔다.
きょうの友達の子どものペギルチャンチ(生後100日のお祝い)に行ってきた。
お祝いと行事の韓国語単語
구정(旧正月)
>
문화행사(文化行事)
>
잔칫상(宴会の膳)
>
성인식(成人式)
>
추석(お盆)
>
식전(式典)
>
집들이(引っ越しパーティー)
>
一覧
Copyright(C) 2018 kpedia.jp PC版へ