광복절 : 光復節
ホーム  > 社会 > 祝祭日・記念日名詞
読み方 광복쩔、kwang-bok-tchŏl、クァンボクチョル
漢字 光復節
意味 8月15日。独立を祝う日
光復節(광복절/クァンボクチョル)は、日本統治からの解放と独立を祝う韓国の祝日。毎年8月15日。光復節とは国権を回復し、「光を取り戻した日」という意味である。公共施設や家庭などでは国旗(太極旗)が掲げられる。この日には全国各地で式典が行われ、そのなかで大統領が参席し、祝辞を述べる。大統領は日本との歴史問題や過去の清算にも言及するため、その発言が注目される。また大統領特赦が行われることもある。
例文
광복절은 1945년 8월 15일 독립을 기념하는 날이며 1948년 8월 15일 정부 수립을 기념하는 날입니다.
光復節は1945年8月15日の独立を記念する日であり、1948年8月15日の政府の樹立を祝う日です。
祝祭日・記念日の韓国語単語
돌잔치(初誕生日)
>
법정 공휴일(法定休日)
>
어버이날(父母の日)
>
설날(旧正月)
>
한글날(ハングルの日)
>
크리스마스(クリスマス)
>
허그데이(ハグデー)
>
一覧
Copyright(C) 2017 kpedia.jp PC版へ