ホーム  > 韓国語文法 > 文字(ハングル)韓国語能力試験1・2級
자음
子音
ハングルの子音
<ハングルは40の音韻(음운)で構成>
ハングル文字は母音と子音で構成されている。子音は口と舌の位置や模様の発音器官を、母音は「天(・)地(ㅡ)人(ㅣ)」の東洋思想を基づいて作られた。
 ・母音(모음)は全部21個(=基本母音10個+合成母音11個)
 ・子音(자음)は全部19個(=基本子音10個+激音4個+濃音5個)

<造音の時に、声帯を震わせるか震わせないか>
①울림소리(有声音유성음、声帯を振動させて出す音)
・鼻音(비음):ㄴ,ㅁ,ㅇ 鼻の通気のみを開放してだす音
・流音(유음):ㄹ 摩擦がなく、長く引き伸ばして発音できる子音
 ※母音(모음)はすべて울림소리である。

②안울림소리(無声音무성음、声帯を震わせない音)
・平音(평음,예사소리):ㄱ,ㄷ,ㅂ,ㅅ,ㅈ 普通に息を出す
・激音(격음,거센소리):ㅋ,ㅌ,ㅍ,ㅊ 息をお腹から強く吐き出して作る音。
・濃音(경음,된소리):ㄲ,ㄸ,ㅃ,ㅆ,ㅉ のどを緊張させてしぼり出すようにして作る音。
 ※「ㅎ」:摩擦音(마찰음)、空気が声道内の狭めを通るときに噪音を発する音

読み方 자음、cha-ŭm、チャウム
漢字 子音
反意語
例文
자음이란 입 안에서 공기의 흐름을 방해하는 것에 의해 발생하는 소리다.
子音とは口の中で空気の流れを妨害することによって発する音である。
한글의 자음은 19개 있습니다.
ハングルの子音は19個あります。
한국어에는 일본어처럼 모음과 자음이 있습니다.
韓国語にも日本語と同じように母音と子音があります。
자음 문자는 항상 모음 문자와 합체해서 사용됩니다.
子音の文字はいつも母音の文字と合体して使われます。
한글 문자는 모음과 자음으로 구성되어 있습니다.
ハングル文字は母音と子音で構成されています。
언어에는 모음이나 자음을 조합하는 방법이나 음절에 관한 규칙이 있습니다.
言語には、母音や子音の組み合わせ方や音節についての規則があります。
한글의 모음과 자음은 음양(하늘, 땅, 사람) 및 오행(물, 나무, 불, 흙, 쇠)으로 이루어진다.
ハングルの母音と子音は、陰陽(空、土地、人)及び五行(水、木、火、土、鉄)で成る。
한국어 글자는 모음과 자음으로 구성된다.
韓国語文字は母音と子音に構成される。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
자음 어간(チャウム オガン) 子音語幹
文字(ハングル)の韓国語単語
쌍받침(同じ2つの子音からなるパッチ..
>
어순과 구조(文章の語順と構造)
>
한자(漢字)
>
격음(激音)
>
맞춤법(正書法)
>
한자어(漢字語)
>
한국어 발음(韓国語 発音)
>
一覧
Copyright(C) 2018 kpedia.jp PC版へ