ホーム  > 旅行 > 世界遺産
남한산성
南漢山城
南漢山城(남한산성)は、京畿道広州市、河南市、城南市にまたがる南漢山(남한산)の山城。朝鮮戦争後の1950年代に公園化され、その後道立公園に指定されていた。築城時期は韓国の三国時代、もしくは新羅時代という説もある。朝鮮時代、光海君の代のときに工事が始められ、仁祖の代で現在の姿に改修された。1636年の丙子胡乱(병자호란)による清の侵攻で、仁祖は南漢山城に逃げて篭城したが降伏し、朝鮮は清の属国となった。2014年4月29日ユネスコ世界遺産として、登録勧告の決定が下された。韓国では11番目の世界遺産である。
読み方남한산성、nam-han-san-sŏng、ナムハンサンソン
漢字南漢山城
例文
남한산성은 서울 외곽에 있는 산성으로 조선시대에 외적의 침입을 막기위해 만들어졌다.
南漢山城はソウル外郭にある山城で、朝鮮時代に外敵の侵入を防ぐために作られた。
世界遺産の韓国語単語
수원 화성(水原華城)
>
조선 왕릉(朝鮮王陵)
>
해인사 장경판전(海印寺蔵経板殿)
>
조선왕조실록(朝鮮王朝実録)
>
안동 하회마을(安東河回村)
>
제주 화산섬과 용암 동굴(済州の火..
>
종묘제례악(宗廟祭礼楽)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2019 kpedia.jp PC版へ