ホーム  > 韓国語文法 > 用言韓国語能力試験3・4級
존재사
存在詞
存在詞とは
用言には、①動詞 ②形容詞 ③存在詞 ④指定詞の4種類がある。存在詞とは、「いる」「いない」「ある」「ない」といった存在を表すものをいう。 日本語では、生物の存在を「いる」「いない」で、無生物の存在を「ある」「ない」と分けて表すが、韓国語では、「いる」「ある」=있다、「ない」「いない」=없다と生物、無生物区別なく同じ存在詞を使用する。つまり、いずれも存在するものは、있다、存在しないものは、없다で表現する。ただし、敬語の場合は、それぞれ別のいい方をするので注意が必要。
存在詞の文章
基本的な存在詞の文章は、名詞+助詞(이/가/은/는など)+存在詞で構成される。
存在詞の敬語
敬語の場合は、下記のようにそれぞれ異なるいい方をする。
・계시다 いらっしゃる
・안 계시다 いらっしゃらない
・있으시다 ございます
・없으시다 ございません

어머니께서 계십니다. お母さんがいらっしゃいます。
약속이 있으십니다. お約束がございます。
선생님께서 안 계십니다. 先生はいらっしゃいません。
시간이 없으십니다. お時間がございません。
読み方 존재사、chon-jae-sa、チョンジェサ
漢字 存在詞
用言の韓国語単語
어미(語尾)
>
해요체(~ます)
>
용언(用言)
>
사역동사(~させる)
>
-(이/가) 아닙니까?(~ではない..
>
해요체의 부정형(ヘヨ体の否定形)
>
존재사(存在詞)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2019 kpedia.jp PC版へ