ホーム  > 韓国語文法 > 用言
한다체
~だ、~である、~だよ、~よ
한다체(ハンダ体)は、日本語の「~だ」や「~である」のような文語体のことである。主に書き言葉として使われるが、親しい間柄や目下の人に話す時に(반말)(友達言葉)のようにも使われる。

ハンダ体はその名前からも分かるように하다(する)を한다にした形、つまり하다の語幹하+ㄴ다の形になっている。つまり作り方はパッチムが無い語幹にはㄴ다、パッチムがある語幹には는다を付ける。

【母音語幹(パッチム無し)】
例)가다(行く) → 간다(行くんだ/行くのだ)
  보다(見る) → 본다(見るんだ/見るのだ)

【子音語幹(パッチム有り)】
例)먹다(食べる) → 먹는다(食べるんだ/食べるのだ)
  듣다(聞く) → 듣는다(聞くんだ/聞くのだ)
読み方한다체、ハンダチェ
類義語
음/ㅁ
-네
(이)시여
이(여)
-(이)다 보니(까)
이다
例文
난 내년에는 미국에 간다.
僕は来年にはアメリカに行くんだ。
내가 다 먹는다.
私が全部食べるよ。
用言の韓国語単語
해요체(~ます)
>
용언의 활용(用言の活用)
>
어미(語尾)
>
동사(動詞)
>
해요체의 부정형(ヘヨ体の否定形)
>
보조 용언(補助用言)
>
용언(用言)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2020 kpedia.jp PC版へ