ホーム  > ビジネス > 会計・財務名詞韓国語能力試験5・6級
결산서
決算書
결산서(決算書)とは、企業ごとに決まった決算日を基準に1年間の財政・会計状態を明確にする報告書。正式には決算報告書(결산 보고서)であるが、普通は略して決算書と呼ぶ。
税理士または会計士が主に作成する。決算書を作成する理由は、1年間どのぐらいの収入を得ているのかなど会社の経営状態を確認するためで、税務署に提出してからその結果を基準に国に法人税や消費税などを収める。日本では決算日を基準に2ヶ月以内に税務署に提出することになっているが、韓国では3か月以内に提出することになっている。決算書は会社の増資、投資、融資などに必要な企業評価に使われる。定期株主総会にも必ず決算書を株主に報告する。
読み方 결싼서、kyŏl-ssan-sŏ、キョルッサンソ
漢字 決算書
例文
이번 달은 결산이라서 결산서 작성으로 바쁩니다.
今月は決算なので決算書の作成で忙しいです。
결산서를 보면 그 회사의 경영 상태를 알 수 있습니다.
決算書を見ればその会社の経営状態がわかります。
융자 심사에서 결산서가 중요하다는 것은 주지의 사실입니다.
融資審査で決算書が重要であることは周知の事実です。
재무제표는 일정 기간의 경영 성적이나 재무 상태를 보여주는 결산서입니다.
財務諸表は、一定期間の経営成績や財務状態を表す決算書です。
会計・財務の韓国語単語
미지급 임금(未払賃金)
>
연결 재무제표(連結財務諸表)
>
외상 매출금(売掛金)
>
이익률(利益率)
>
택스 헤이븐(タックスヘイブン)
>
자본 준비금(資本準備金)
>
소득세(所得税)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2019 kpedia.jp PC版へ