ホーム  > 場所 > 韓国の地名
충청남도
忠清南道
「忠清南道」は、韓国語で충청남도(チュンチョンナムド)。略称は「忠南(충남)」という。朝鮮半島の中南部に位置する道である。道庁所在地は洪城(홍성)郡。1989年には大田(대전)が直轄市(のちに広域市)に昇格、2012年には旧燕岐郡と清原郡の一部が世宗特別自治市となり、行政上は忠清南道から離脱した。西側は黄海に面しており泰安半島(태안반도)の南側には、安眠島(안면도)がある。扶餘(부여)・公州(공주)などの文化遺跡地、牙山市には温陽温泉(온양온천)がある。
読み方충청남도、chung-chŏng-nam-do、チュンチョンナムド
漢字忠清南道
韓国の地名の韓国語単語
마라도(馬羅島)
>
황해남도(黄海南道)
>
전라북도(全羅北道)
>
수원(水原)
>
강원도(江原道)
>
인천(仁川)
>
충청남도(忠清南道)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2020 kpedia.jp PC版へ