ホーム  > 韓国語文法 > 文型(接続表現)韓国語能力試験5・6級
-거늘
~のであるが、~なのに、~するものなのに、~するのに、~であるにもかかわらず
<意味>
先行の文の事実に照らして、後続の文で自分の考えを導き出す:~するものなのに、まして
古めかしい言葉づかい。

<語尾のつけ方>
パッチム有無に関係なく、用言(용언)の語幹(어간)+게끔

~거늘 하물며(~するものなのに~にまして)
先行の文の内容が事実で、後続の文も当然だ。
読み方 거늘、kŏ-nŭl、コヌル
類義語
例文
일곱 시까지 돌아오라고 일렀거늘 왜 늦었느냐?
7時までに帰って来いといったのに、なぜ遅かったか。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
-거늘 하물며(コヌルハムルミョ) ~するものなのに、まして、~するのに、まして
文型(接続表現)の韓国語単語
-(은/는) 고사하고(~はおろか)
>
-(ㅁ/음)에도 불구하고(~にもか..
>
-던데(~たのに)
>
다(가)못해(~できなくなり)
>
(ㄴ/는) 판국에(~する状況で)
>
못-(아/어)서(~られなくて)
>
함에 딸라(するにつれて)
>
一覧
Copyright(C) 2018 kpedia.jp PC版へ