ホーム  > ビジネス > 会計・財務職業名詞韓国語能力試験3・4級
세무사
税理士
セムサ(세무사、税理士)は、会社のお金など財務・会計の仕事を手伝う仕事をやっている方。
現金や振り込みなどお金の流れで売り上げ、仕入れ、経費などの流れを把握して、
元帳、試算表、確定申告書、決算報告書などを作成する。
こういった業務を一般的には税理士事務所に外注契約でお願いする場合が多い。
読み方세무사、se-mu-sa、セムサ
漢字税務士
例文
돈에 관련된 것은 세무사에게 모두 맡기고 있습니다.
お金のことは税理士にすべて任せています。
장래에 세무사가 되고 싶어요.
将来税理士になりたいと思っています。
경영자에게 있어 세무사는 가장 밀접한 존재입니다.
経営者にとって、税理士は最も身近な存在です。
상속세를 세무사에게 의뢰하다.
相続税を税理士に依頼する。
세무사 시험에는 이론과 계산 문제가 출제됩니다.
税理士試験では、理論と計算の問題が出題されます。
회사의 회계는 세무사가 담당한다.
会社の会計は税理士が担当する。
이른바 ‘사(士)자 돌림’으로 일컬어지는 전문직에는 변호사, 세무사, 회계사, 관세사, 건축사, 변리사, 법무사, 감정평가사 등이 있다.
いわゆる「士の字のつく」専門職には弁護士、税理士、会計士、関税士、建築士、弁理士、司法書士、鑑定評価士などがある。
법인세 신고는 세무사에게 맡기고 있습니다.
法人税の申告は税理士に任せています。
会計・財務の韓国語単語
자본 잉여금(資本剰余金)
>
결산하다(決算する)
>
수선비(修繕費)
>
공인회계사(公認会計士)
>
매출액(売上高)
>
재고 자산(棚卸資産)
>
잡비(雑費)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2020 kpedia.jp PC版へ