ホーム  > 韓国語文法 > 体言
접사
接辞
語根(어근)の前や後ろに付いて、意味を付か加える又は新しい意味に変える接頭辞(접두사)と接尾辞(접미사)をいう。語根(어근)はすべての品詞において、単語の形成する時の実質的な意味を表す中心部分で、派生語(接頭辞・接尾辞)などを除いた原型や根本になる部分をいう。
読み方접싸、chŏp-ssa、チョプサ
漢字接辞
例文
접미사 또는 접미어는 접사 중에 어간의 뒤에 붙는 것을 말한다.
接尾辞や接尾語は、接辞のうち、語基の後ろに付くものをいう。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
접사다리(チョプッサダリ) 脚立、畳みばしご
体言の韓国語単語
체언(体言)
>
인칭대명사(人称代名詞)
>
조사(助詞)
>
어근(語根)
>
접미사(接尾辞)
>
수사(数詞)
>
-입니까(~ですか)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2020 kpedia.jp PC版へ