ホーム  > 韓国語文法 > 品詞体言名詞韓国語能力試験3・4級
수사
数詞
数詞の種類:漢数詞と固有数詞
韓国語には日本語の漢語の「いち、にい、さん…」、和語の「ひとつ、ふたつ、みっつ…」のように漢数詞と固有数詞が存在する。韓国語ではそれらを使い分けて個数、年月、時間などを表現する。
漢数詞
漢数詞は漢字をハングル読みしたもので、年月日や時間においては「分」と「秒」、番号などを表す際に用いられる。
※助数詞を伴う場合、ほとんどが固有数詞を用いますが、층(階)、인분(人前)、원(ウォン)に関しては漢数詞を用いる。
また、十以降は日本語と同じで、十一であれば、십(十)+일(一)=십일(十一)のように十の位と一の位をそのまま組み合わせて表すことができる。
まり、二十三であれば、이(二)+십(十)+삼(三)=이십삼(二十三)
    三十六であれば、삼(三)+십(十)+육(六)=삼십육(三十六)
    四十一であれば、사(四)+십(十)+일(一)=사십일(四十一)
    五十八であれば、오(五)+십(十)+팔(八)=오십팔(五十八)
    六十二であれば、육(六)+십(十)+이(二)=육십이(六十二)
    七十七であれば、칠(七)+십(十)+칠(七)=칠십칠(七十七)
    八十九であれば、팔(八)+십(十)+구(九)=팔십구(八十九)
    九十五であれば、구(九)+십(十)+오(五)=구십오(九十五)となります。
百以降の単位は下記の表の通り。백(百)は日本語と同様、前に一をつけることなく、백と表記する(二百、三百…は이백、삼백…)。また、日本語と違うのは천(千)と만(万)です。日本語では、一千、一万と表しますが、韓国語は前に一はつかず、천、만と表記する。
固有数詞
固有数詞は、おもに助数詞を伴うものや時刻を表す「時」、年齢などに用いられる。固有数詞では99まで表すことができる。100以上は漢数詞を使う。固有数詞を使う助数詞は개(個)、명(名、人)、시(時)、번(回)、살(歳)、장(枚)、잔(杯)、마리(匹)などがある。助数詞の前にくる時、1は「한」、2は「두」、3は「세」、4は「네」、20は「스무」となる。例えば한 개、두 개、스무개
読み方수사、su-sa、スサ
漢字数詞
例文
비밀리에 수사를 강행했다.
秘密裡に捜査を強行した。
수사를 종료하라는 상부의 명령이 떨어졌다.
捜査を終了しろと上部の命令が下った。
범인을 검거하기 위해 수사하다.
犯人を検挙するために捜査する。
수사가 상부의 반대로 막혔다.
捜査が上部の反対に塞がった。
무리한 수사 도중에 큰 사고를 당했다.
無理な捜査の途中で大きな事故に遭った。
용의자가 수사서상에 떠오르다.
容疑者が捜査線上に浮かぶ。
통장에서 수천만 원이 감쪽같이 사라져 경찰이 수사중이다.
通帳から数千万ウォンがまんまと跡形もなくなくなり、警察が捜査中である。
전담팀을 맡아 수사를 지휘한다.
専任チームを担当し、捜査を指揮する。
수사망을 빠져나가는 것은 무리였다.
捜査網をくぐり抜けるのは無理だった。
수사망을 피해 도망가다.
捜査網を避けて逃げる。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
수사망(スサマン) 捜査網
수사대(スサデ) 捜査隊
수사(チャムスサ) ダイバー、潜水士
수사관(スサグァン) 捜査官
수사영장(スサヨンチャン) 捜査令状
수사하다(スサハダ) 捜査する
수사되다(スサデダ) 捜査される
초동수사(チョドンスサ) 初動捜査
탐문 수사(タンムンソウサ) 聞き込み捜査
잠복 수사(チャムボクスサ) 張り込み
수사 기관(スサキグァン) 捜査機関
국립과학수사연구원(クンニプクァハクスサヨングウォン) 国立科学捜査研究院
品詞の韓国語単語
용언의 명사화(~き、~い)
>
명사의 동사화(名詞の動詞化)
>
명사의 부사화(名詞の副詞化)
>
부사(副詞)
>
감탄사(感嘆詞)
>
동사(動詞)
>
형용사(形容詞)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2020 kpedia.jp PC版へ