ホーム  > 社会 > 軍事名詞韓国語能力試験5・6級
화살とは
意味
読み方화살、hwa-sal、ファサル
「矢」は韓国語で「화살」という。
「矢」の韓国語「화살」を使った例文
시간은 활처럼 흘러버린다.
時が矢のように流れ去る。
화살이 표적에 명중하다.
矢が的に当たる。
화살이 과녁에 명중했다.
矢が的に命中した。
화살을 쏘아 적을 쓰러뜨렸다.
矢を放って敵を倒した。
화살이 공중을 날아가는 소리가 들렸다.
矢が空中を飛んでいく音が聞こえた。
화살을 손에 쥐고 활을 당겼다.
矢を手に取り、弓を引いた。
고대 전사들은 화살을 들고 전장으로 나갔다.
古代の戦士は矢を持って戦場に出た。
화살을 사냥에 사용하기도 합니다.
矢を狩りに使用することもあります。
화살을 화살통에서 꺼냈다.
矢を矢筒から抜き取った。
양궁은 화살을 과녁을 향해 쏘는 스포츠입니다.
アーチェリーは矢を的に向かって放つスポーツです。
화살은 강력한 무기입니다.
矢は強力な武器です。
화살을 쏘기 전에 목표를 확인하는 것이 중요합니다.
矢を放つ前に目標を確認することが重要です。
화살을 조정하여 목표에 명중시켰다.
矢を調整して目標に命中させた。
화살이 과녁을 관통했다.
矢が的を貫通した。
화살은 사냥이나 전투에서 중요한 역할을 합니다.
矢は狩猟や戦闘で重要な役割を果たします。
화살 끝에는 독이 발라져 있었다.
矢の先端には毒が塗られていた。
활의 화살은 바람의 영향을 받기 쉽다.
弓の矢は風の影響を受けやすい。
활시위를 조정하여 화살을 발사했다.
弓の弦を調整して矢を発射した。
활과 화살을 꺼내 화살대에 꽂았다.
弓の矢を取り出して矢袋にしまった。
활을 겨누고 과녁을 향해 화살을 쏘다.
弓を構えて的に向かって矢を放つ。
활을 당겨 화살을 쏘았다.
弓を引いて矢を放った。
방패를 사용하여 적의 화살을 막았다.
盾を使って敵の矢を防いだ。
갑옷을 입은 병사들이 성벽 위에서 화살을 쏘고 있다.
鎧を着た兵士たちが城壁の上から矢を放っている。
갑옷을 입고 있으면 화살이나 창의 공격으로부터 몸을 보호할 수 있다.
鎧を着ていると、矢や槍の攻撃から身を守ることができる。
화살이 과녁을 꿰뚫다.
矢が的を貫く。
집중력이 부족해 화살은 과녁에 명중하지 않았다.
集中力を欠き、矢は的に命中しなかった。
「矢」の韓国語「화살」が含まれる単語と表現
韓国語(発音) 日本語
화살표(ファサルピョ)
화살괄호() 二重山かっこ、二重ギュメ、《 》
화살괄호(ホタァサルグルホ) 山かっこ、山かぎ、山パーレン
화살을 돌리다(ファサルルトルリダ) 責任を他に向ける
세월은 화살과 같다(セウォルン ファサルグァ カッタ) 光陰のごとし
軍事の韓国語単語
장기전(長期戦)
>
침략 전쟁(侵略戦争)
>
현역(現役)
>
정예(精鋭)
>
프락치(フラクション)
>
섬멸하다(焦土と化する)
>
탈영하다(脱営する)
>
一覧
プライバシーポリシー  | 当サイトに関して
Copyright(C) 2024 kpedia.jp PC版へ