ホーム  > 社会 > 社会問題
여초 사회
女超社会
男性が女性よりも多い社会のこと。自然生態的には出生の男女比は105:100程度と男性が多く生まれる傾向にあるが、出生後の男児の死亡などが多く、次第に男女比が同程度になる。女性の寿命が男性よりも長いこともあり、先進国の男女比は一般的に女性のほうが多いといわれる。韓国では李氏朝鮮時代から続く儒教(유교)的価値観や、家系を継ぐために男児の出生を選好する傾向がある。そのため、胎児の性鑑別を行い人工中絶をすることもあり、男児の出生率が高い傾向にあった。近年では女児を好む人も増えてきたといわれる。2014年の女性家族部・統計庁の発表では2015年以降に韓国は女性が男性の人口を上回るとし「女超社会」に突入することになる。
読み方여초 사회、yŏ-cho-sa-hoe、ヨチョサフェ
漢字女超社会
社会問題の韓国語単語
여초 사회(女超社会)
>
도시 문제(都市問題)
>
탈골녀(タルコルニョ)
>
걸식 아동(乞食児童)
>
초이노믹스(チョイノミクス)
>
갈매기 아빠(単身赴任する父)
>
공시족(公務員試験を準備する人)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2020 kpedia.jp PC版へ