ホーム  > 場所 > 韓国の地名
대전とは
意味大田
読み方대전、tae-jŏn、テジョン
漢字大田
「大田」は、韓国語で대전(テジョン)。ソウルから南方向に約160キロ離れており、2011年現在人口は約153万人の都市。1989年までは忠清南道に属していたが、その後直轄市となり、現在は広域市に指定されている。大田駅には京釜線、湖南線が通っており、ソウルから高速鉄道KTXに乗車すると所要時間は約1時間である。1993年には大田エキスポ公園で万博が開かれ、現在は大田エキスポ科学公園として利用されている。ハイテク団地の大徳研究団地があり、科学技術都市として知られている。儒城温泉(유성온천)は温泉地として有名。市内西部には鶏龍山(계룡산)がある。
例文
대회 결승에서 대전해 1-2 역전패를 당했다.
大会決勝で対戦し、1-2の逆転負けを喫した。
각국에서 제 2차 세계대전의 종전을 기념했다.
各国で第二次世界大戦の終戦を記念した。
4차 중동전쟁은 2차대전 이후 최대의 경제위기를 촉발했다.
第4次中東戦争は、第2次大戦後最大の経済危機を触発した。
유엔은 제 2차 세계대전의 폐허 위에 만들어졌다.
国連は第二次世界大戦の廃墟の上に作られた。
대전화에 달린 플래시를 켰다.
携帯電話のフラッシュをつけた。
전투가 1차대전과 비견될 심각한 소모전 양상으로 전개되고 있다.
戦闘が第1次世界大戦に比肩する深刻な消耗戦となっている。
그 도시는 세계 2차대전 패배로 피폐해졌다.
あの都市は、第二次世界大戦の敗北で疲弊した。
제2차 세계대전에서 남편이 전사했다.
第二次世界大戦で夫が戦死した。
대전화 번호를 누르자 신호음이 울렸다.
携帯電話の番号を押すと、信号音が鳴った。
한국은 휴대전화의 보급률이 높아져 공중전화가 줄어 들고 있습니다.
韓国では携帯電話の普及率が高くなり、公衆電話が減ってきています。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
대전환(テジョンファン) 大転換、大きく変化、大きく転換
세계대전(セゲデジョン) 世界大戦
대전하다(テジョンハダ) 対戦する
대전 액션(テジョンエクション) 対戦アクション
대전 상대(テジョンサンデ) 対戦相手
대전화숍(ヒュデチョンファショップ) 携帯電話ショップ
대전 성적(テジョンソンジョク) 対戦成績
제일차세계대전(チェイルチャセゲテジョン) 第一次世界大戦
제이차세계대전(チェイチャセゲテジョン) 第二次世界大戦
韓国の地名の韓国語単語
전주(全州)
>
대전(大田)
>
평창(平昌)
>
강원도(江原道)
>
동해(東海)
>
이북 오도(以北五道)
>
남산(南山)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2022 kpedia.jp PC版へ