ホーム  > 社会 > 伝統文化名詞韓国語能力試験5・6級
보자기
パッチワーク、風呂敷、茶巾
ポジャギ(보자기)とはものを包むときに使われる日本の風呂敷にも似た閨房工芸で、漢字では「褓」と表す。風呂敷とは異なり、ポジャギには布に取っ手がついているものもある。特に様々な布をつなぎ合わせて作られたものをチョガッポ(조각보)といい、元来は韓国の伝統衣装、韓服(한복)の切れ端がつなぎ合わされており、これにより色鮮やかな出来栄えになる。また庶民により使われていたポジャギのことを「民褓(민보)」という。宮中では絹などの高級な素材で作られ、これを「宮褓(궁보)」という。
読み方보자기、po-ja-gi、ポジャギ
例文
보자기는 물건을 싸는 실용적인 용도로 사용된다.
ふろしきは、物を包む実用的な用途で使われる。
도자기, 민화, 보자기는 전통적인 삶 속에서 사랑 받아 온 것들이다.
陶磁器、民話、風呂敷は伝統的な暮らしの中で愛されてきたものである。
伝統文化の韓国語単語
버선(足袋)
>
줄다리기(綱引き)
>
한복(韓国の民族衣装)
>
선비(士人)
>
한지(韓紙)
>
김장(冬にキムチを漬け込む行事)
>
관혼상제(冠婚葬祭)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2019 kpedia.jp PC版へ