ホーム  >  > 恋愛・結婚
견우와 직녀
織姫と彦星
견우와 직녀(織姫と彦星)は、韓国で最も古い恋物語と言われている。韓国では陰暦7月7日が七夕(칠석)であり、칠월칠석(七月七夕)ともいう。七夕には牽牛(견우)と織女(직녀)がカササギとカラスが集まってできた橋、烏鵲橋(오작교)の上で1年に1回出会う。出会えた二人はうれし涙を流すと信じられており、七夕の日には雨が降るといわれている。
読み方겨누와 징녀、キョヌワ ジンニョ
漢字牽牛~織女
例文
칠석 날에 견우와 직녀는 오작교를 건너 일년에 한 번 만날 수 있다.
七夕の日に織姫と彦星は、烏鵲橋を渡り一年に一回会える。
恋愛・結婚の韓国語単語
예물(結納品)
>
내연의 처(内縁の妻)
>
부케(ブーケ)
>
연상녀(年上女性)
>
출가외인(嫁に出した娘は他人同様)
>
콘돔(コンドーム)
>
진심(真心)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2020 kpedia.jp PC版へ