ホーム  > 社会 > 俗語・若者言葉慣用句
땡땡이(를) 치다
サボる
「땡땡이치다」は「サボる」。仕事や学校に行かなかったり、仕事を怠けたりするときに使う言葉。またそのような人のことをいう。テンテン(땡땡)とは、鐘が「かんかん、ちんちん」と鳴る擬音語のことで、授業のチャイムの音を示す。
読み方땡땡이 치다、ttaeng-ttaeng-i chi-da、テンッテンイ チダ
類義語
게으르다
빼먹다
요령(을) 피우다
例文
수업 땡땡이 치고 뭐했니?
授業をさぼって何をしてたの?
엄마 몰래 학교 땡땡이 쳤어.
お母さんに内緒で学校サボった。
고등학교 때는 수업을 늘 땡땡이쳤어요.
高校のときは、授業をさぼってばかりいました。
너무 피곤해서 땡땡이 치고 왔어.
くたびれてサボってきたよ。
자습시간을 땡땡이 쳤다.
自習時間をさぼった。
지금껏 땡땡이 한 번 쳐본 적 없는 성실한 아이다.
これまで一度もサボった事はない真面目な子だ。
수업을 땡땡이 치고 학교를 빠져 나왔다.
授業をさぼって学校を抜け出した。
俗語・若者言葉の韓国語単語
쭉쭉빵빵(ボンキュッボン)
>
개지랄(気まぐれな行動)
>
오진다(やべー)
>
꼬픈녀(くどきたくなる女性)
>
꺽다(酒を飲む)
>
뿅(じゃあね)
>
기레기(記者)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2020 kpedia.jp PC版へ