ホーム  > 教育 > 言語名詞韓国語能力試験1・2級
쓰기
書き、ライティング、書き方
쓰다の名詞形。읽기(読み方)、쓰기(書き方)、듣기(聞き方)、말하기(話し方)
読み方쓰기、ssŭ-gi、スギ
例文
쓰기는 내게 취미 그 이상도 그 이하도 아니다.
物書きは俺にとって趣味、それ以上でもそれ以下でもない。
쓰기를 밥벌이로 하다.
物書きを飯の種にする。
논문을 쓰기 위해 요즘 연구실에서 살다시피 하고 있다.
論文を書くために、最近はまるで研究室に住んでいるかのようだ。
외로움을 달래기 위해서 소설을 쓰기 시작했습니다.
寂しさを紛らわすため、小説を書きはじめました。
손을 쓰기에는 이미 늦었다.
もう手遅れだ。
쓰기를 지도하다.
文筆を指導する。
이 연필은 쓰기 편해서 마음에 들어요.
この鉛筆は使い易くてお気に入りです。
브람스와 슈만 등이 비올라를 위한 악곡을 쓰기 시작했다.
ブラームスやシューマンなどがヴィオラのための楽曲を書き始めた。
어릴 적 글쓰기를 잘 했던 친구는 지금 작가로 활약하고 있다.
子供の頃、作文が得意だった友人は、今作家として活躍している。
뮤지컬 대본을 쓰기 시작했습니다.
ミュージカルの台本を書きはじめました。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
쓰기(クルッスギ) 文章を書くこと、文筆
쓰기(テスギ) だだをこねること、おねだりすること
베껴쓰기(ペキョスギ) 書き写し
띄어쓰기(ッティオッスギ) 分かち書き、ティオスギ
받아쓰기(パダッスギ) 書き取り
가로쓰기(カロッスギ) 書き
세로쓰기(セロッスギ) 書き
쓰기 시작하다(スギ シジャカダ) 書き起こす
言語の韓国語単語
겸양어(謙譲語)
>
직설법(直説法)
>
한문(漢文)
>
관련어(関連語)
>
복합어(複合語)
>
비음(鼻音)
>
워킹홀리데이(ワーキングホリデー)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2020 kpedia.jp PC版へ