ホーム  > 教育 > 言語名詞韓国語能力試験1・2級
쓰기
書き、ライティング、書き方
쓰다の名詞形。읽기(読み方)、쓰기(書き方)、듣기(聞き方)、말하기(話し方)
読み方쓰기、ssŭ-gi、スギ
例文
브람스와 슈만 등이 비올라를 위한 악곡을 쓰기 시작했다.
ブラームスやシューマンなどがヴィオラのための楽曲を書き始めた。
어릴 적 글쓰기를 잘 했던 친구는 지금 작가로 활약하고 있다.
子供の頃、作文が得意だった友人は、今作家として活躍している。
외로움을 달래기 위해서 소설을 쓰기 시작했습니다.
寂しさを紛らわすため、小説を書きはじめました。
뮤지컬 대본을 쓰기 시작했습니다.
ミュージカルの台本を書きはじめました。
이 연필은 쓰기 편해서 마음에 들어요.
この鉛筆は使い易くてお気に入りです。
역시 돈은 쓰기 나름이다.
るとやはりお金は使い方しだいだ。
한국어를 공부할 때 어려운 것 중에 하나가 바로 띄어쓰기입니다.
韓国語を勉強する際に、難しいことの1つがこの分かち書きです。
쓰기가 변함없이 즐거운 건 예나 지금이나 마찬가지다.
書くことが相変わらず楽しいのは、昔も今も同じだ。
그림을 쓰기 전에 간단한 스케치를 해 두었다.
絵を書く前に簡単なスケッチをしておいた。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
쓰기(テスギ) だだをこねること、おねだりすること
쓰기(クルスギ) 文章を書くこと
가로쓰기(カロッスギ) 書き
세로쓰기(セロッスギ) 書き
받아쓰기(パダッスギ) 書き取り
베껴쓰기(ペキョスギ) 書き写し
띄어쓰기(ッティオッスギ) 分かち書き、ティオスギ
쓰기 시작하다(スギ シジャカダ) 書き起こす
言語の韓国語単語
한글능력 검정시험(ハングル能力検定..
>
잡담(雑談)
>
음성모음(陰性母音)
>
키워드(キーワード)
>
바른말(道理にかなう話)
>
발음(発音)
>
상투어(決まり文句)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2020 kpedia.jp PC版へ