ホーム  > 表現と9品詞 > 慣用句韓国語能力試験5・6級
몸 둘 바를 모르다
どうしようか分からない、身の置き所がない、身の縮む思いだ、足を向けられない
直訳すると、「身の置き所がない」。ありがたくて、又は恥ずかしくてどうするか分からない状況。
読み方몸 둘 빠를 모르다、mom tul ppa-rŭl mo-rŭ-da、モムドゥルパルル モルダ
例文
몸 둘 바를 모르겠다.
どうしていいいか分からない。
그는 점점 더 당황해서 몸 둘 바를 몰라 했다.
彼はますますうろたえて、身の置き場も分からずにいた。
慣用句の韓国語単語
훈풍이 불다(風薫る)
>
목을 자르다(首にする)
>
뼈도 못 추리다(さんざんな目にあう..
>
입을 다물다(口をつぐむ)
>
물(을) 먹이다(困らせる)
>
생각조차 못하다(思いもよらない)
>
열 두 번도 더(うんざりするほどた..
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2022 kpedia.jp PC版へ