ホーム  > 表現と9品詞 > 慣用表現韓国語能力試験5・6級
둘째 가라면 서럽다とは
意味右に出るものがいない、一番だ、その道の第一人者だ
読み方둘째 가라면 서럽따、tul-tchae ka-ra-myŏn sŏ-rŏp-tta、トゥルチェ カラミョン ソロプタ
類義語
제일가다
「右に出るものがいない」は韓国語で「둘째 가라면 서럽다」という。直訳すると「2番目にされたら悲しい」。둘째(2番目)、서럽다(悲しい)。
「右に出るものがいない」の韓国語「둘째 가라면 서럽다」を使った例文
그는 의리만큼은 둘째가라면 서러워한다.
彼は義理堅い人だ。
그 선수는 둘째 가라면 서러울 정도로 대단한 축구 선수입니다.
あの選手は 最も優れているサッカー選手です。
慣用表現の韓国語単語
가슴을 치다(後悔する)
>
있어 보이다(オーラがある)
>
주먹을 휘두르다(暴力を使う)
>
꼴리는 대로 하다(勝手にする)
>
붙임성이 좋다(愛想がいい)
>
일손이 잡히다(仕事が手につく)
>
머리를 만지다(髪を手入れする)
>
一覧
プライバシーポリシー  | 当サイトに関して
Copyright(C) 2024 kpedia.jp PC版へ