ホーム  > 表現と9品詞 > 慣用表現韓国語能力試験5・6級
찬밥 더운밥을 가릴 때가 아니다とは
意味贅沢を言っている場合ではない、乞食の麦嫌い
読み方찬밥 더운바블 가릴 때가 아니다、チャンバプ トウンバブル カリルテガアニダ
「贅沢を言っている場合ではない」は韓国語で「찬밥 더운밥을 가릴 때가 아니다」という。直訳すると「冷えたご飯(찬밥)か暖かいご飯(더운밥)を選ぶ」。冷えたご飯がよい、温かいご飯がよいとえり好みする状況を現しており、自身の置かれた立場や身分を顧みずに贅沢をいうことを意味する。日本語の「乞食の麦嫌い」に近い言葉である。
「のんびりしたり、贅沢している場合ではない」「とりあえず何でもやるべき、何かを早くやらなければ」という場面で用いられる言葉で、「冷や飯、熱い飯を選んでいる場合じゃない(찬밥 더운밥 가릴 때가 아니다.)」のように使われることが多い。
「贅沢を言っている場合ではない」の韓国語「찬밥 더운밥을 가릴 때가 아니다」を使った例文
찬밥 더운밥 가릴 때가 아니다.
冷や飯、熱い飯選ぶ時ではない。(ぜいたく言ってる場合じゃない)
慣用表現の韓国語単語
마음을 사다(歓心を買う)
>
활개를 치다(意気揚揚と振る舞う)
>
속셈이 있다(魂胆がある)
>
생각다 못해(思い余って)
>
전의를 다지다(決意を固める)
>
눈빛이 다르다(目つきが違う)
>
마음을 독하게 먹다(心を鬼にする)
>
一覧
プライバシーポリシー  | 当サイトに関して
Copyright(C) 2024 kpedia.jp PC版へ