칼집
切れ目、刻み目、切り込み、隠し包丁
料理のときに包丁で入れた切れ目のこと。
読み方 칼찝、kal-tchip、カルチプ
例文
칼집을 내다.
切れ目を入れる。切り目を付ける。
칼로 칼집을 내서 배추를 2등분한다.
包丁で切れ目を入れ白菜を2等分する。
비엔나 소시지에 칼집을 넣다.
ウィンナーに切れ目を入れる。
빵의 가장자리에 칼집을 넣으면 가장자리까지 바삭바삭해진다.
パンの耳に切れ目を入れると耳までサクサクになる。
꽁치 등에 칼집을 넣으면 쉽게 구울 수 있습니다.
サンマの背中に切り込みを入れるとすんなり焼けますよ。
오징어 표면에 칼집을 넣는 것은 먹기 쉽게 하기 위해서 입니다.
イカの表面に切れ目を入れるのは、食べやすくするためです。
위에서 아래로 순서대로 칼집을 넣는다.
下から上の順番に切れ目を入れる。
양파에 칼집을 넣는다.
玉ねぎに切れ目を入れる。
칼집을 넣으면 잘 구워집니다.
切れ目を入れるとよく焼けます。
큰 새우는 식칼로 칼집을 넣는다.
大きめのエビは、包丁で切れ目を入れる。
칼집을 넣다.
隠し包丁を入れる。
조미료나 기름이 잘 스며들도록 칼집을 넣어요.
調味料や油を染み込みやすくする、切り目を入れます。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
칼집을 넣다(カルジブル ノタ) 切れ目を入れる、隠し包丁を入れる、切り込みを入れる
칼집을 내다(カルジブル ネダ) 切れ目を入れる、切り込みを入れる、隠し包丁を入れる
調理法の韓国語単語
간이 맞다(塩加減がほどよい)
>
나박나박 썰다(短冊切りにする)
>
고기를 잘게 다지다(肉を細かく刻む..
>
구이(焼き物)
>
떡(을) 치다(餅をつく)
>
부치다(油焼きにする)
>
졸이다(煮詰める)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2019 kpedia.jp PC版へ