ホーム  >  > 韓国料理名詞韓国語能力試験1・2級
삼계탕
サムゲタン、参鶏湯
若鶏を一羽まるごと使った保養食
暑い夏に食べるスタミナ料理といえば、日本ではウナギをイメージしますが、韓国ではサムゲタン(参鶏湯)を食べる。サムゲタンは若鶏の内臓を取り出し、高麗人参、ナツメ、ニンニク、銀杏などの韓方薬剤やもち米をいれ、じっくり煮込んだ料理。もち米や韓方薬材、鶏肉のエキスがしっかり染み出たスープを飲み、鶏肉は塩につけながら食べる。韓国では暑い夏を乗り切るための保養食として知られている。
三伏(サンボク)の日に食べるスタミナ料理
夏のスタミナ料理、ウナギは土用の丑の日に食べるが、韓国では三伏(サムボク)の日にサムゲタンを食べる。この日になると、サムゲタンの専門店は行列ができるほど。「三伏」とは全部で3日ある「伏日(ポンナル)」の総称。夏至のあと3回目、4回目の庚(かのえ)の日と、立秋後の最初の庚の日である。最初の伏日を「初伏(チョボク)」といい、2回目を「中伏(チュンボク)」、そして最後を「末伏(マルボク)」という。夏の暑い時期に韓国を訪れたら、サムゲタンを食べてみると良い。
鶏肉と高麗人参で夏バテ予防!
サムゲタンは「保養食」というだけあって、体によい料理。特に鶏のむね肉にはイミダぺプチドという疲労回復物質が含まれており、夏バテにも効果的である。サムゲタンは高麗人参の「参(サム)」と鶏肉の「鶏(ゲ)」という漢字をあてるだけあり、高麗人参の存在感も大きいといえる。サポニンがたっぷり含まれた高麗人参は代謝を良くし、疲れをとる効果もあるのだそう。まさに夏バテにも効果的である。ナツメや銀杏をはじめ、お店によってさまざまな韓方薬剤が使われている。
読み方 삼계탕、sam-gye-tang、サムゲタン
漢字 参鶏湯(蔘鷄湯)
例文
인삼이 들어간 삼계탕은 여름 몸보신 음식으로 좋다.
高麗人参が入った参鶏湯は夏の保養食としてよい。
한국가서 먹고 싶은 요리는 삼계탕하고 김치찌게입니다.
韓国に行って食べたい料理はサムゲタンとキムチチゲです。
삼계탕은 주로 복날에 먹는 음식으로 알려져 있어요.
サムゲタンは、主に土用の丑の日に食べる料理として知られています。
삼계탕은 무더운 여름, 지친 기력을 회복시켜 주는 요리입니다.
サムゲタンは、蒸し暑い夏、疲れた体を回復してくれる料理です。
복날이 되면 유명한 삼계탕 집 앞에는 긴 줄이 생깁니다
伏日になると有名な参鶏湯専門店の前には長い列ができます。
삼계탕을 만들 때는 인삼이랑 대추를 넣어야 한다.
サムゲタンを作るときは高麗人参となつめを入れなければならない
삼계탕을 아직 먹어 본 적이 없어요.
サムゲタンをまだ食べたことはないです。
韓国料理の韓国語単語
메밀전(そばチヂミ)
>
떡(もち)
>
빈대떡(ピンデトック)
>
달걀말이(卵焼き)
>
아구찜(アンコウの煮込料理)
>
양념게장(ヤンニョムゲジャン)
>
김장 김치(越冬用のキムチ)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2019 kpedia.jp PC版へ