ホーム  >  > 感情・判断動詞韓国語能力試験1・2級
느끼다とは
意味感じる
読み方느끼다、nŭ-kki-da、ヌッキダ
類義語
여기다
필이 오다
「感じる」は韓国語で「느끼다」という。心で何かを感じ取ったり、体で何かの感覚を覚えるという意味でも使われる。
「感じる」の韓国語「느끼다」を使った例文
다리에 아픔을 느꼈다.
脚に痛みを感じた。
책임을 느껴서 열심히 일했다.
責任を感じて、一生懸命仕事した。
클래식의 전통적 우아함을 십분 느낄 수 있는 페스티벌이다.
クラシックの伝統的優雅さを十分に感じることのできるフェスティバルである。
작가 분의 이야기를 들어서 작품에 대한 열정을 느꼈다.
作家の方の話を聞いて、作品に対する情熱を感じた。
많은 것들을 보고 느끼고 그리고 배웠습니다.
多くのことを見て、感じてそして学びました。
세계 여행을 하면서 여러 나라의 문화 차이를 느낄 수 있었습니다.
世界旅行をしながらいろんな国の文化の違いを感じることができました。
그의 말에서는 불안함을 느낍니다.
彼の言葉からは、不安を感じます。
그 영화를 보고 안타까운 느낌이 들었습니다.
その映画を見て、切ない感じがしました。
이 장소에 있으면 안정감을 느낍니다.
この場所にいると、安心感を感じます。
그의 말에서 그의 진지함을 느낍니다.
彼の言葉からは、彼の真剣さを感じます。
수선화가 피면 봄이 왔음을 느낍니다.
水仙の花が咲くと、春が来たことを感じます。
그녀는 꽃을 딸 때 계절의 변화를 느낍니다.
彼女は花を摘むときに、季節の移り変わりを感じます。
연대감을 느끼다.
連帯感を感じる。
그녀의 인생에는 사랑이 결여되어 있다고 느낍니다.
彼女の人生には愛が欠けていると感じます。
두릅을 먹으면 봄을 느낍니다.
たらの芽を食べると春を感じます。
고통 속에서 그는 고독을 느꼈다.
苦痛の中で彼は孤独を感じた。
그녀는 대도시의 번잡함 속에서 고독을 느꼈다.
彼女は大都市の喧騒の中で孤独を感じた。
그녀는 아무도 없는 길을 걸으며 고독을 느꼈다.
彼女は誰もいない道を歩いて、孤独を感じた。
그는 아무도 만나지 않고 하루를 보내며 고독을 느꼈다.
彼は誰にも会わずに一日を過ごし、孤独を感じた。
그는 해질녘에 혼자 걸으며 고독을 느꼈다.
彼は夕暮れ時に一人で歩き、孤独を感じた。
「感じる」の韓国語「느끼다」が含まれる単語と表現
韓国語(発音) 日本語
느끼다(フヌッキダ) すすり泣く、むせぶ、むせび泣く
향수를 느끼다(ヒャンスルルヌッキダ) 郷愁を感じる、懐かしさを感じる、懐かしく思う
흥미를 느끼다(フンミルル ヌッキダ) 興味を覚える、奮味を感じる
통증을 느끼다(トンチュンウル ヌッキダ) 痛みを感じる
분노를 느끼다(プンノルルヌッキダ) 憤りを感じる、怒りを感じる
염증을 느끼다(ヨムッチュンウル ヌッキダ) 嫌気が差す、嫌気を感じる、飽き飽きする
공포를 느끼다(コンポルル ヌッキダ) 恐怖を覚える
열의를 느끼다(ヨルリ ヌッキダ) 熱意を感じる
피부로 느끼다(ピブロ ヌッキダ) 肌で感じる、経験する
전율을 느끼다(チョニュルルヌッキダ) 戦慄を覚える、戦慄を感じる
위협을 느끼다(ウィヒョブル ヌッキダ) 脅威を感じる
고통을 느끼다(コトンウル ヌッキダ) 苦痛を感じる、痛みを感じる
뼈저리게 느끼다(ピョジョリゲヌキダ) 痛く身にしみる、痛感する、痛切に思う
필요성을 느끼다(ピリョソンウル ヌッキダ) 必要性を感じる
위화감을 느끼다(ウィファガムル ヌッキダ) 違和感を覚える、違和感を感じる
분위기를 느끼다(プヌィギルルヌッキダ) 雰囲気を感じる
소외감을 느끼다(ソウェガムル ヌッキダ) 疎外感を感じる
양심에 가책을 느끼다(ヤンシメ カチェグル ヌッキダ) 良心に呵責を感じる、うしろめたさ
感情・判断の韓国語単語
기분이 좋다(気持ちいい)
>
질리다(飽きる)
>
혈기(血の気)
>
흥분되다(興奮する)
>
애틋하다(切ない)
>
굴욕감(屈辱感)
>
자기애(自己愛)
>
一覧
プライバシーポリシー  | 当サイトに関して
Copyright(C) 2024 kpedia.jp PC版へ