넣다
入れる、さす、加える
読み方 너타、nŏ-ta、ノタ
類義語
例文
요리의 마지막에 소금을 조금 넣는다.
料理の最後に塩を少々入れる。
언제나 커피에 밀크를 조금 넣어요.
いつも、コーヒーにミルクを少し入れます。
밖에 나갈 때는 항상 가방에 카메라를 넣어요.
外に出るときは、いつもカバンにカメラを入れています。
커피나 차를 마실 때는 시럽, 설탕을 넣지 않는다.
コーヒーや茶を飲むときは、シロップや砂糖を入れない。
다음에는 밀가루를 넣어 주세요.
次に小麦粉を加えてください。
기합을 넣거나 크게 박수를 치면서 팀 분위기를 끌어올렸다.
気合を入れたり大きく拍手をしながら雰囲気を盛り上げた。
꼬막은 데치거나 무치거나 국에 넣는 등 다채로운 조리법으로 맛볼 수 있습니다.
ハイガイは、茹でたり和えたり、汁の中に入れたりと多彩な調理法で味わえます。
신선한 공기를 넣기 위해 창문을 열었다.
新鮮な空気を入れるために窓を開けた。
야채를 썩지 않고 조금이라도 선도를 오래 유지하려고 냉장고에 넣었다.
野菜を腐らせずに少しでも鮮度を長く保ちたくて冷蔵庫にいれた。
부추와 해산물을 넣어 부침개를 해 먹었다.
にらと海産物を入れた、チヂミを作って食べた。
삼계탕을 만들 때는 인삼이랑 대추를 넣어야 한다.
サムゲタンを作るときは高麗人参となつめを入れなければならない
더운 여름철에는 가능한 한 냉장고에 넣는 편이 좋다.
暑い夏場にはできるだけ冷蔵庫に入れたほうが良い。
선선한 시기에는 냉장고에 넣는 것이 오히려 상하기 쉽다.
涼しい時期には冷蔵庫に入れるとかえって傷みやすくなってしまう。
야채나 과일에는 냉장고에 넣지 않는 편이 좋은 것이 있다.
野菜や果物には、冷蔵庫に入れないほうがいいものがある。
음식물을 냉장고에 넣어 보존하다.
食べ物を冷蔵庫に入れて保存する。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
넣다(ッソノタ) 書き入れる
넣다(チョノタ) 詰め込む、突っ込む、放り込む
밀어넣다(ミロノタ) 押し詰める、入れ込む、押し入れる
불어넣다(プロノッタ) 吹き込む、吹き入れる
집어넣다(チボノタ) つまんで入れる、はめ込む、入れる
몰아넣다(モラノタ) 追い込む
쑤셔넣다(スショノタ) くちゃくちゃに入れる、くちゃくちゃに押し込む
힘을 넣다(ヒムル ノタ) 力を入れる
갈아 넣다(カラノタ) 詰め替える
손에 넣다(ソネ ノタ) 手に入れる、手にする
칼을 넣다(カルル ノタ) 切れ目を入れる
안약을 넣다(アニャグル ノタ) 目薬をさす
담보를 넣다(タンボルル ノタ) 担保を入れる
예약을 넣다(イェヤグル ノタ) 予約を入れる
눈약을 넣다(ヌニャグルノタ) 目薬をさす
계산에 넣다(ケサネ ノタ) 計算に入れる、念頭に入れる、勘定に入れる
칼집을 넣다(カルジブル ノタ) 切れ目を入れる、隠し包丁を入れる、切り込みを入れる
민원을 넣다(ミヌォヌル ノッタ) 要望を出す、要請する、陳情する
바람을 넣다(パラムル ノタ) そそのかして浮き立たせる、空気を入れる、そそのかす
손아귀에 넣다(ソナグィエ ノタ) 手の内におさめる、掌中におさめる
조미료를 넣다(チョミリョルル ノタ) 調味料を入れる
스위치를 넣다(スウィチルル ノタ) スイッチを入れる
궁지에 몰아넣다(クンジエ モラノタ) 窮地に追い込む
활기를 불어넣다(ファルギルル プロノタ) 活気を与える、活気を吹き込む、活性化させる
動詞の韓国語単語
체포당하다(逮捕される)
>
빙자하다(藉口する)
>
윤허하다(許可を下す)
>
못 이기다(勝てない)
>
사랑받다(愛される)
>
구명되다(究明される)
>
쇄신하다(刷新する)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2019 kpedia.jp PC版へ