아니다
違う、〜ではない
読み方 아니다、a-ni-da、アニダ
類義語
例文
틀림없이 그녀는 일을 잘할 거라고 생각했는데 아닌듯하네.
てっきり、彼女は仕事ができる人だと思っていたけど、違うみたいだね。
돈을 받고 나서가 아니면 보내드릴 수 없습니다.
お金をいただいてからでないと、お届けできません。
이 물은 마시는 거 아니에요.
この水は、飲むものではありません。
그는 학생이 아니다.
彼は学生ではない。
나는 그보다 부자가 아니다.
私は彼よりお金持ちではありません。
돈이 많다고 해서 반드시 행복한 것은 아니다.
お金持ちといっても必ずしも幸せとは言えない。
과제를 지적할 뿐만 아니라 해결책도 제시하다.
課題を指摘するだけではなく解決策も提示する。
타인의 단점을 지적하는 것이 아니라 장점을 칭찬해라.
他人の短所を指摘するのではなく、 長所を褒め称えなさい。
좋은 책과 나쁜 책과 구별하는 것은 반드시 쉬운 것은 아니다.
いい本を悪いものと見分けるのは、必ずしも容易くない。
그는 돈 때문에 주장을 굽히는 그런 남자가 아니다.
彼は金のために主張を曲げるような男ではない。
그녀는 이런 잘못을 저지를 정도로 어리석은 사람이 아니다.
彼女はこのようなミスを阻止するほどで、愚かな人ではない。
그들은 적을 쓰러뜨리기 위해서가 아니라 사랑하는 사람을 위해서 싸웠던 것이다.
彼らは敵を倒すためではなく、愛する人のために戦ったのだ。
그건 드문 일이 아니다.
あれは珍しいことではない。
내 잘못이 아니야.
私ののせいじゃないよ。
아주버님, 한두 번도 아니고 이번엔 정말 못 참겠어요.
アジュボニム(夫の兄弟), 1回2回でもなくて今回は本当に我慢できません。
무서워 보이는 것 뿐이지 그는 원래 나쁜 사람은 아니야.
ただ怖そうに見えるだけで、彼は本当は悪い人じゃない。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
아니다(ヨン アニダ) 全然だめだ、まったく違う
썩~아니다(ッソク アニダ) あまり~ではない
말이 아니다(マリ アニダ) あまりにもひどい、とてもひどい、様にならない
꼴이 아니다(コリアニダ) 目も当てられない、ひどいありさまだ
별거 아니다(ピョルコ アニダ) 大したことではない、つまらないことだ
별것 아니다(ピョルコッ アニダ) たいしたことない、何でもない、大したことではない
능사는 아니다(ヌンサヌン アニダ) 能ではない
장난이 아니다(チャンナニ アニダ) まじですごい、冗談じゃない、ただ事じゃない
홀몸이 아니다(ホルモミアニダ) 妊娠している、結婚している、一人身じゃない
과언이 아니다(クァオニ アニダ) 過言ではない、言い過ぎではない
기분이 아니다(キブニ アニダ) 気が乗らない、やる気がない
경우가 아니다(キョンウガアニダ) 常識に欠ける、礼儀に欠ける
남일이 아니다(ナムニリ アニダ) 他人事じゃない
별문제 아니다(ピョルムンジェ アニダ) 大したことではない、大した問題ではない、別に問題にならない
정도가 아니다(チョンドガ アニダ) ~なんてもんじゃない
보통일이 아니다(ポトンイリ アニダ) 並大抵ではない、徒事ではない、尋常でない
아무것도 아니다(アムゴット アニダ) なんでもない、大したことない、何事も~ない
예삿일이 아니다(イェサンニリアニダ) ただごとではない
여간(이) 아니다(ヨガニ アニダ) 並大抵ではない、普通でない
이만저만이 아니다(イマンジョマニ アニダ) 並大抵でない、甚だしい、一通りでゃない
장난(이) 아니다(チャンナンアニダ) 半端じゃない、冗談じゃない、本気だ
한두 번이 아니다(ハンドゥ ポニ アニダ) 何回もある、数えきれないほどある、一度や二度ではない
꼴이 말이 아니다(コリ マリアニダ) ひどいありさまだ、火の車だ、とてもみじめだ
제 정신이 아니다(チェジョンシニ アニダ) 正気でない、気が気でない
농담(이) 아니다(ノンダミ アニダ) 冗談じゃない、本気だ
비할 바가 아니다(ピハルッパガアニダ) 比べるべくもない、比ではない
웃을 일이 아니다(ウスルイリアニダ) 笑い事ではない
남의 일이 아니다(ナメ イリ アニダ) 他人事ではない、人事ではない
예사로 볼일이 아니다(イェサロ ポルリリ アニダ) ただごとだと済ますわけにはいかない
이것도 저것도 아니다(イゴット チョゴット アニダ) 何なのかはっきりしない、中途半端だ
形容詞の韓国語単語
적막하다(寂寞たる)
>
다정하다(情深い)
>
낡아빠지다(古臭い)
>
세련되다(垢抜ける)
>
의도적(意図的)
>
묵직하다(ずっしり重い)
>
용하다(腕がよい)
>
一覧
当サイトに関して
Copyright(C) 2019 kpedia.jp PC版へ