慣用句
韓国語の慣用句関連の韓国語単語一覧です。
韓国語 日本語
병세가 깊다 病状が悪い
보기 드물다 珍しい、めったに見ない、なかなか目にできない
보기는 뭘 봐 何を見てるんだ
보기만 해도 배가 부르다 見ただけで満足だ、見ただけで満腹だ
보는 눈이 없다 見る目がない
보는 눈이 있다 見る目がある、目が肥える
보따리(를) 싸다 辞める、手を引く、たたむ
보자 보자 하니까 黙っていれば、言わせておけば、ずっと我慢したら
보조를 맞추다 歩調を合わせる
보통일이 아니다 並大抵ではない、徒事ではない、尋常でない
복장(이) 터지다 とても腹が立つ
본(을) 뜨다 型を取る、真似る
본(을) 받다 見習う、模範とする、手本とする
본때를 보이다 思い知らせる、手本を見せる、見せしめのために懲らしめる
본말이 전도되다 本末が転倒する、牛追い牛に追われる
본보기를 보이다 手本を示す、模範を示す
본색을 드러내다 本性を現す、本色を現す
본의 아니게 不本意ながら、不本意に、心ならずも
본전 생각나다 元を思い出す、後悔する
본전도 못 찾다 元も子もない
본전을 건지다 元が取れる
본전을 뽑다 元を取る
볼 낯이 없다 申し訳ない、面目ない、顔向けができない
볼 장(을) 다 봤다 思わしくならない、万事休す、おしまいだ
볼을 적시다 涙を流す
봄을 타다 春に心が不安定である、春に食欲がなく
봇물을 이루다 溢れだす、沢山ある、次々に現れる
봉변을 당하다 ひどい目にあう、災難に会う、側杖を食う
부끄럽기 짝이 없다 恥ずかしいこと極まりない、恥ずかしくて仕方ない
부도(가) 나다 倒産する
부러움을 사다 うらやましがられる
부르는 게 값이다 呼び値が買い値、勝手に値段をつける、値段がその都度を変わる
부부는 닮는다 夫婦は似ていく
부진에 빠지다 不振に落ちる
부채질하다 扇動する、そそのかす、おだてる
북새통을 이루다 大賑わいだ、人込ひで混雑だ、ひどく混雑する
분간이 안되다 区別できない
분노를 사다 怒りを買う、憤激を買う
분루를 삼키다 悔し涙を飲み込む
분수를 모르다 身の程知らずだ
분수에 맞다 身分に合う
분에 넘치다 身に余る
분위기 파악을 못하다 空気を読めない
분위기(가) 있다 いい雰囲気が漂う、ムードがある
분위기를 띄우다 雰囲気を漂わせる、雰囲気を浮き立たせる、雰囲気を盛り上げる
분위기를 파악하다 雰囲気を把握する、空気を読む
분을 바르다 化粧をする、おしろいをぬる
분을 삭이다 怒りを鎮める
분이 풀리다 気が済む
분초를 다투다 一刻を争う、分秒を争う
분통을 터트리다 憤りを爆発する
분통이 터지다 怒りが爆発する、怒りが噴き出す
불(이) 나다 火事が起こる、火が出る、火急の事態になる
불(이) 붙다 お尻に火がつく、火がつく、勢いがつく
불(이) 붙다 火がつく、盛り上がる
불길을 잡다 気勢をくじく、消し止める、火を消す
불길이 잡히다 炎がおさまる
불꽃 튀는 경쟁 火花を散らす競争、熾烈な競争
불꽃(이) 튀다 火花が散る、火花が飛ぶ、熾烈だ
불꽃을 튀기다 熾烈だ、熾烈な争いをする、火花を散らす
불똥이 튀다 とばっちりを食う、災いが及ぶ、他の場所に飛び火する
불신을 낳다 不信を生む
불씨가 되다 きっかけとなる、原因となる、火種になる
불씨를 살리다 火種を生き返らせる、可能性を開く
불을 댕기다 火をつける、食欲や興味などがそそられる
불을 보듯 뻔하다 分かり切っている、決まりきっている、火を見るよりも明らかだ
불을 잡다 火を消し止める
불이 나가다 明かりが消える、灯りが消える
불티가 나다 飛ぶように売れる、火の粉が出る
불티나게 팔리다 飛ぶように売れる
불행중 다행 不幸中の幸い
불호령이 떨어지다 怒鳴りつけられて叱られる、怒りの雷が落ちる、激しい叱責が落ちる
붙임성이 없다 無愛想だ
붙임성이 있다 愛想がよい、人当たりがよい、懐っこい
붙임성이 좋다 人付き合いの上手い、人あたりがいい、愛想がいい
비 오는 날 먼지가 나도록 맞다 ひどく殴られる、ひどい目に会う
비가 오나 눈이 오나 いつも、変わらず
비교도 되지 않다 比べ物にならない
비꼬아 말하다 皮肉を言う、皮肉を込めていう
비난을 피하기 어렵다 非難を免れない
비빌 언덕 頼みの綱
비수를 꽂다 胸に突き刺さる、裏切る
비위가 상하다 しゃくにさわる、気に障る
비위를 맞추다 機嫌を取る、岩を合わせる、人の心をくすぐる
비위에 거슬리다 気に障る、気に食わない
비할 바가 아니다 比べるべくもない、比ではない
비행기(를) 태우다 おだてる、持ち上げる、お世辞を言う
빈익빈 부익부 格差社会、貧富の差が拡大すること
빈축을 사다 ひんしゅくを買う
빈틈(이) 없다 抜け目がない、手抜かりない、隙間がない
빈틈없다 抜け目ない
빌미를 잡다 けちをつける、文句をつける
빙산의 일각이다 氷山の一角だ
빚을 내다 借金をする、借金する
빚을 짊어지다 借金を背負う
빚지고는 못산다 仮は返さないといけない、借金暮らしはできない
빛 좋은 개살구 見た目はいいけど中身に問題がある
빛을 보다 世に知られる、苦労が実る
빛이 바래다 色あせる、台無しになる
빛이 보이다 希望が見える
빼도 박도 못 하다 取り返しのつかない、二進も三進もいかない、抜き差しならない
빽을 쓰다 コネを使う
뺨(을) 치다 顔負けする、劣らない、勝る
뺨칠 정도 ~顔負け
뻔뻔스럽게 굴다 ずうずうしく振る舞う、盗人猛々しい
뻥 뚫리다 ぽっかりあく、すっきりする
뼈 빠지게 骨身を惜しまず、苦労をいとわず、大変苦労して
뼈(가) 빠지게 骨身を惜しまずみに、骨折って、一生懸命に
뼈가 빠지도록 骨身を惜しまず
뼈대가 있다 家柄がいい、気骨がある
뼈도 못추리다 さんざんな目にあう、ぼこぼこにされる
뼈를 깍는 고통 骨を削る痛み
뼈를 깎는 듯한 아픔(고통 ) 骨を削るような痛み(苦痛)
뼈를 깎다 身を削る、骨身を削る、苦痛に耐える
뼈에 새기다 肝に銘じる、心に刻む
뼈저리게 느끼게 해주다 思い知らせてやる
뼈저리게 느끼다 痛く身にしみる、痛感する、痛切に思う
뾰족한 수가 없다 妙案がない
뿌리(가) 깊다 根強い、根深い
뿌리(가) 뽑히다 根絶される、根を絶やされる
뿌리(를) 박다 根をおろす、定着する
뿌리를 내리다 根をおろす、定着する
뿐(만) 아니라 だけではなくて、だけではなく、のみならず
뿐만 아니라 だけではなく
사경을 헤매다 生死の境をさまよう
사고(를) 치다 事故を起こす、問題を起こす
사람 냄새가 나다 人情がある、人間味がある
사람 살려 助けて
사람(을) 잡다 人を陥れる、計略にかける、濡れ衣を着せる
사람(의) 일은 모른다 人のことは分からない、一寸先は闇だ、人生は分からない
사람을 가리다 人を選ぶ、人を選別する
사람을 만들다 人を一人前にする
사람을 부리다 人を使う
사람을 쓰다 人を雇用する、人を使う
사람을 잘 따르다 人懐っこい
사람이 좋다 人がいい
사랑에 눈을 뜨다 愛に目覚める
사력을 다하다 死力を尽くす
사리사욕을 채우다 腹を肥やす
사서 고생(을) 하다 わざわざ苦労をする、取り越し苦労をする
사십 대에 들어서면서 四十代に入ってから
사업을 벌이다 事業をはじめる、事業に取り掛かる、事業を展開する
사업을 접다 ビジネスをやめる、事業をやめる
사이가 멀어지다 疎遠になる、距離が遠くなる、以前より中が悪くなる
사정에 밝다 事情に明るい、事情に詳しい
사정을 봐주다 便宜を図る
사정이 급하다 事態が急だ
사족을 못쓰다 目がない、非常に好きである、夢中になる
사주를 보다 運勢を占う
사지로 몰다 死地に追いこむ
사진이 잘 받다 写真写りがよい
사투를 벌이다 死闘を繰り広げる
사표를 쓰다 辞表を書く、辞表を出す
사활을 걸다 死活をかける、命を懸ける
사흘이 멀다 하고 三日にあげず、頻繁に、しょっちゅう
산 넘어 산이다 一難去ってまた一難、山また山
산 입에 거미줄 치랴 まさか飢え死にすることはないでしょ
산더미 같다 山のようにある
산산조각이 나다 ばらばらのかけらになる、木っ端微塵、台無しになる
산통이 깨지다 台なしになる
살(을) 빼다 痩せる、体重を減らす、ダイエットをする
살(을) 찌우다 体を太らせる、肥えさせる
살다 보니 별일을 다 보다 呆れた、とんでもないことだ、ありえないことだ
살다 살다 長く生きてきて、長い人生で初めて
살로 가다 食べ物が身になる
살림을 내다 所帯を持つ、新しい暮らしを始める
살림을 차리다 所帯をもつ、結婚する
살맛 나다 生きる楽しみを感じる
살맛이 나다 生きがいがある
살살 다루다 丁寧に扱う、優しく扱う
살아도 사는게 아니다 生きた心地がしない
살을 붙이다 肉付けする、具体化する、付け加える
살을 에는 듯한 身を切るような、身をえぐるような
살이 오르다 肥える、太る
살이 타다 日焼けする
삼척동자도 안다 誰でも知っていること
상다리가 부러지다 膳の脚が折れる、ごちそうがいっぱい並べられている
상다리가 휘다 膳の脚が曲がる、ごちそうがいっぱい並べられている
상복이 터지다 いい事がいっぱい生じる、賞をいっぱいもらえる
상상이 가다 想像がつく
상승세를 타다 上げ潮に乗る、上昇中だ、上り調子だ
상식 밖의 행동을 하다 常識はずれの行動をする
상을 당하다 喪に服する
상종가를 치다 大ブレイクする、大変人気だ
상종을 하지 않다 付き合わない、共存しない
상처에 소금(을) 뿌리다 傷口に塩を塗る
상투(를) 잡다 一番高い時に買う、一番高い相場の時に投資する
새발의 피 雀の涙
새빨간 거짓말 真っ赤な嘘
색다른 맛 一風変わった味
색다른 맛이 나다 変わった味がする
색안경을 끼다 偏見を持つ
색안경을 쓰고 보다 色眼鏡で見る、偏見を持つ
샘(이) 나다 嫉妬する、やきもちをやく、妬ける
생각다 못해 思い余って、考えあぐねて
생각에 잠기다 考えにふける、物思いに浸る
생각을 바꾸다 思い直す、考え直す
생각을 접다 諦める、計画をやめる
생각이 깊다 分別がある
생각이 깊다 分別がある
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [>] (9/17)
Copyright(C) 2018 kpedia.jp PC版へ