慣用句
韓国語の慣用句関連の韓国語単語一覧です。
韓国語 日本語
사람(의) 일은 모른다 人のことは分からない、一寸先は闇だ、人生は分からない
사람을 가리다 人を選ぶ、人を選別する
사람을 만들다 人を一人前にする
사람을 부리다 人を使う
사람을 쓰다 人を雇用する、人を使う
사람을 잘 따르다 人懐っこい
사람이 좋다 人がいい
사랑에 눈을 뜨다 愛に目覚める
사력을 다하다 死力を尽くす
사리를 분별하다 事理を弁識する
사리사욕을 채우다 腹を肥やす
사서 고생(을) 하다 わざわざ苦労をする、取り越し苦労をする
사십 대에 들어서면서 四十代に入ってから
사업을 벌이다 事業をはじめる、事業に取り掛かる、事業を展開する
사업을 접다 ビジネスをやめる、事業をやめる
사이가 멀어지다 疎遠になる、距離が遠くなる、以前より中が悪くなる
사정에 밝다 事情に明るい、事情に詳しい
사정을 봐주다 便宜を図る
사정이 급하다 事態が急だ
사족을 못쓰다 目がない、非常に好きである、夢中になる
사주를 보다 運勢を占う
사지로 몰다 死地に追いこむ
사진이 잘 받다 写真写りがよい
사투를 벌이다 死闘を繰り広げる
사표를 쓰다 辞表を書く、辞表を出す
사활을 걸다 死活をかける、命を懸ける
사흘이 멀다 하고 三日にあげず、頻繁に、しょっちゅう
산 넘어 산이다 一難去ってまた一難、山また山
산 입에 거미줄 치랴 まさか飢え死にすることはないでしょ
산더미 같다 山のようにある
산산조각이 나다 ばらばらのかけらになる、木っ端微塵、台無しになる
산전수전 다 겪다 経験豊富である
산통이 깨지다 台なしになる
살(을) 빼다 痩せる、体重を減らす、ダイエットをする
살(을) 찌우다 体を太らせる、肥えさせる
살다 보니 별일을 다 보다 呆れた、とんでもないことだ、ありえないことだ
살다 살다 長く生きてきて、長い人生で初めて
살로 가다 食べ物が身になる
살림을 내다 所帯を持つ、新しい暮らしを始める
살림을 차리다 所帯をもつ、結婚する
살맛 나다 生きる楽しみを感じる
살맛이 나다 生きがいがある
살살 다루다 丁寧に扱う、優しく扱う
살아도 사는게 아니다 生きた心地がしない
살을 붙이다 肉付けする、具体化する、付け加える
살을 에는 듯한 身を切るような、身をえぐるような
살이 오르다 肥える、太る
살이 타다 日焼けする
삼척동자도 안다 誰でも知っていること
상다리가 부러지다 膳の脚が折れる、ごちそうがいっぱい並べられている
상다리가 휘다 膳の脚が曲がる、ごちそうがいっぱい並べられている
상복이 터지다 いい事がいっぱい生じる、賞をいっぱいもらえる
상상이 가다 想像がつく
상승세를 타다 上げ潮に乗る、上昇中だ、上り調子だ
상식 밖의 행동을 하다 常識はずれの行動をする
상을 당하다 喪に服する
상종가를 치다 大ブレイクする、大変人気だ
상종을 하지 않다 付き合わない、共存しない
상처에 소금(을) 뿌리다 傷口に塩を塗る
상투(를) 잡다 一番高い時に買う、一番高い相場の時に投資する
새발의 피 雀の涙
새빨간 거짓말 真っ赤な嘘
색다른 맛 一風変わった味
색다른 맛이 나다 変わった味がする
색안경을 끼다 偏見を持つ
색안경을 쓰고 보다 色眼鏡で見る、偏見を持つ
샘(이) 나다 嫉妬する、やきもちをやく、妬ける
생각다 못해 思い余って、考えあぐねて
생각에 잠기다 考えにふける、物思いに浸る
생각을 바꾸다 思い直す、考え直す
생각을 접다 諦める、計画をやめる
생각이 깊다 分別がある
생각이 깊다 分別がある
생각이 들다 気がする、思いがする、思う
생각이 많다 悩みが多い、考えが深い
생각이 없다 不注意に行動する、配慮が足りない、~したくない
생각이 짧다 分別がない、考えが甘い、考えが足りない
생각조차 못하다 思いもよらない
생각지도 못한 思いもよらない、思いもよらなかった
생계를 꾸려나가다 生計を切り盛りする、生計を立てる
생기가 넘치다 活気溢れる、生き生きしている
생명을 빼앗다 生命を奪う
생사람(을) 잡다 濡れ衣を着せる
생색(을) 내다 恩に着せる、恩に掛ける、恩着せがましい
생쑈를 하다 大騒ぎする、空騒ぎする、ばかげたことをする
생애를 마치다 生涯を終える、亡くなる
생을 마감하다 命を終える、亡くなる
생트집을 잡다 けちをつける、難癖をつける、文句をつける
생판 모르는 사람 全然見知らぬ人、まったく知らない人
생활이 어렵다 生活が厳しい、経済面で厳しい、生活に困っている
서광이 비치다 希望が見える、栄光がさす
서슬 퍼렇다 権力や勢力がとても強い
서슬이 푸르다 非常に厳しい、ぞっとするほど鋭い
선두에 서다 先頭に立つ
선수를 빼앗기다 先手を打たれる
선수를 치다 先手をうつ
선심을 쓰다 気前を見せる
선악을 가리다 善悪をわきまえる
선을 긋다 線をひく、明確にする、距離をとる
선을 넘다 一線を越える
섣불리 굴다 下手に振る舞う
설 자리가 없다 立つ瀬がない、立場がない
설 자리가 없다 立つ瀬がない、立場を失い、苦境におちいる、居場所がない
성(이) 나다 腹が立つ、怒る
성가시게 굴다 わずらわしく振舞う
성격이 급하다 短気だ、気が短い、せっかちだ
성격이 밝다 性格が明るい
성에 차다 満足する
성을 갈다 間違いない、苗字を変える
성을 내다 怒る、腹を立てる
성이 차다 満足する、気が済む
성질(을) 내다 怒りをぶつける、怒る、かんしゃくを起こす
성질(을) 부리다 怒りをぶつける、かんしゃくを起こす、ひどく怒る
성질(이) 더럽다 タチが悪い、性格が悪い、気難しい
성질을 죽이다 理性的になる、性格が落ち着く
성질이 있다 気性がつよい、剛直で気骨がある
성화를 부리다 ひどく気をもむ、しつこく催促する、うるさくまといつく
세계를 주름잡다 世界を牛耳る、世界を席巻する
세상 돌아가는 얘기 世間話
세상 돌아가는 이야기를 하다 世間話をする
세상 물정 모르는 사람 世間知らずの人
세상 물정 모른다 世情にうとい、芋の煮えたもご存知ない
세상 물정을 모르다 世間知らずだ
세상(이) 좁다 世間は狭い
세상에 공짜는 없다 ただより高いものはない、この世にただのものはない
세상을 등지다 世間に背をむける、世を逃れる、世を捨てる
세상을 떠나다 世を去る、亡くなる
세상을 뜨다 世を去る、亡くなる
세상을 보는 눈을 키우다 世界を見る目を養う
세상을 하직하다 亡くなる、世を去る
세월아 네월아 時間を無駄にしている事、そのまま時間が過ぎゆく様
세월이 쏜살같다 光陰矢のごとし、時は矢のように早く過ぎる
세월이 유수와 같다 光陰流水の如し、月日の過ぎ去るのが早い
세파에 시달리다 世間の波に悩まされる
셀 수 없을 만큼 数え切れないほど
소란(을) 떨다 騒ぎ立てる
소란(을) 피우다 騒ぎ立てる、騒ぐ
소름이 끼치다 鳥肌が立つ、身の毛もよだつ、ゾッとする
소리 소문도 없이 こっそり、ひそかに、急に
소리를 죽이다 音を立てない、音を消す
소매를 걷다 積極的な態度を取る、袖をまくる
소문이 떠돌다 噂が流れる
소문이 자자하다 噂が広まっている
소문이 퍼지다 噂が広がる
소식이 깜깜하다 便りが全然ない
소원을 풀다 望みを叶える、夢を叶える、願いを叶える
소위 말하는 いわゆる、世に言う、俗に言う
속 빈 강정 見掛け倒し
속(을) 끓이다 気をもむ、心を焦がす
속(을) 썩이다 心配をかける、人を困らせる、気を揉ませる
속(을) 태우다 気をもむ、はらはらする、やきもきする
속(이) 보이다 중복 下心が見え見えだ、下心が見える
속(이) 상하다 気に障る、気を病む
속(이) 상하다 気に障る、腹が立つ、気をもむ
속(이) 시원하다 気がせいせいする、すっきりする、晴れ晴れする
속(이) 쓰리다 胸焼けする
속(이) 좁다 心が狭い、包容力がない、細かいことを気にする
속(이) 타다 心が焦がれる、いらいらする、心が痛む
속(이) 터지다 はちきれる、もどかしい、怒りが激しくこみ上げる
속고만 살다 いつも騙されている
속는 셈치고 騙されたつもりで、騙されたと思って
속도가 붙다 拍車がかかる、加速する
속된 말로 俗に言う、世にいう、世間一般が言うところの
속상해 죽겠다 腹が立ってしかたがない
속셈이 있다 魂胆がある
속에 없는 소리 心にもないこと
속을 뒤집다 むかつかせる、人を怒らせる
속을 털어놓다 腹を割ってはなす、本音を打ち明ける
속이 거북하다 胃がもたれる、お腹の具合が悪い
속이 검다 腹黒い
속이 깊다 思慮深い、懐が深い
속이 부글거리다 イラッとする、むしゃくしゃする、怒りが沸き上がる
속이 시커멓다 腹が黒い
속이 썩다 心が苦しむ、気が滅入る
속이 아프다 お腹が痛い
속이 안 좋다 おなかの調子が悪い
속이 타들어가다 気をもむ、ヤキモキする、気がはやる
속이 풀리다 気が晴れる、気が済む
속이 후련하다 気分がすっきりする、気分が爽快になる、サッパリする
손(도) 안대고 코 풀다 手つけずに鼻をかむ、漁夫の利
손(에) 꼽히다 屈指である、指折り数えられる
손(을) 내밀다 手を出す、手を差し出す、金銭などを要求する
손(을) 놓다 手を離す、中断する
손(을) 놓다 手をこまねく、手放す、手を休める
손(을) 대다 手を出す、染める、関わりを持つ
손(을) 들다 お手上げ、まいった、手をあげる
손(을) 들어주다 賛成する、味方にする
손(을) 보다 手を加える、いじる、思い知らせる
손(을) 보다 手入れをする、ひどい目に会わせる
손(을) 쓰다 手を打つ、手を回す、手段を講じる
손(을) 씻다 足を洗う、悪い行いをやめる
손(을) 잡다 手を組む、力を合わせる、協力する
손(을) 털다 足を洗う、元手をはたく
손(을) 털다 手を引く、足を洗う
손(이) 가다 手間がかかる
손가락 하나 까딱 않다 決して動かない、指一本動かさない
손가락 하나 꼼짝 안하다 全然仕事しない、働かない
손가락(을) 빨다 指でもなめてひもじさを忘れる
손가락을 걸다 指切りをする、約束する
손가락질(을) 하다 後ろ指を指す
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [>] (10/17)
当サイトに関して
Copyright(C) 2019 kpedia.jp PC版へ